Hey! Say! JUMPの表紙撮影の様子を紹介! 「恋の距離感。」anan2207号

2020.7.1
7/1(水)発売のanan2207号「恋の距離感。」特集の表紙にご登場いただいた、Hey! Say! JUMPのみなさんの撮影エピソードを紹介します。

躍動感たっぷりの8人! 映画のワンシーンのようなショットに。

an2207_H1-4.indd

anan2207号『恋の距離感』特集の表紙&グラビアには、この号の発売当日にニューシングル『Last Mermaid…』をリリースするHey! Say! JUMPの皆さんが登場!

撮影が行われたのは、緊急事態宣言が解除された6月初頭。3密の状態を避けるため、メンバーが時間差でスタジオ入りし、オールソロ撮影で行われました。

スタイリングは2タイプ。まず、表紙にもなったブラックスーツは、映画『オーシャンズ11』や『レザボア・ドッグス』のようなクールで軽やかな男たちをイメージ。“メンバーが揃って、ミッションに立ち向かっていく”姿を切り取りました。

他にもスツールを組み合わせた構図や、カメラに向かって前進する3タイプのグループショットもご用意。臨場感あふれる集合ショットにするために、スタジオ床には隙間なく貼られた「バミリ(立ち位置に貼るテープ)」が。イメージの説明を聞きながら、皆さん「あ、ここだ!」とご自分の位置を探されていました。そして、集合カットのメイキングともいうべきソロカットには、バミリもしっかり残っており、なかなか見ることができない舞台裏は必見です。

また、もう一着の衣装は、リネン素材のシャツやハットなどリラックス感のあるスタイル。スーツスタイルとはうって変わって「イカした夏男」を表現。暑い夏が始まるタイミングにぴったりのスタイルとなりました。

ソロインタビューでは、恋や交友関係での「距離感」について取材。ステイホーム期間中にさらに強くしたファンへの感謝、メンバーに対する思いについても、それぞれ話してくださっています。

一緒に撮影することは叶わずとも、他のメンバーがスタジオに入る時や撮影が終わって帰る時に姿を見かけると、「久しぶり〜!」「お疲れ! またね!」と遠くから声を掛け合っている姿も印象的でした。“離れていても、心は繋がっている”。長年培ってきたメンバーならではの息の合った絶妙なコンビネーション、そして関係性を築き上げるなかで積み重ねたエピソードは本誌にてお楽しみください!(KY)

立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2207/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/