アンアンからニュースを配信します!

Travis Japanのみなさんの表紙撮影の様子を紹介!『家ストレッチ&家トレのススメ。』anan2199号

2020.5.6
5/7(木)発売のanan2199号「家ストレッチ&家トレのススメ。」特集の表紙にご登場いただいた、Travis Japanのみなさんの撮影エピソードを紹介します。

個性とやさしさが炸裂するグループ=Travis Japan!

an2199_H1-4.indd

今回表紙に登場してくれたのは、息の合ったシンクロダンスと、最近では個性が立ったソロ活動でも注目されるTravis Japanのみなさん。ストレッチ特集に合わせ、家トレをイメージして撮影を決行しました。

ソロ撮影の際、ひとりひとりのメンバーに「今回の撮影で積極的に見せたい部位はありますか?」とヒアリングしたのですが、腕、腹筋など各々自慢の部位を答える中、“松松コンビ”こと、松倉海斗さんと松田元太さんからは想像を超える答えが。松倉さんは迷わず「全部です!」と答え、一方松田さんは一瞬考えたのち「ココロです!」と共に熱いまなざしで返してくれ、その言葉通り、すべてさらけ出すような勢いとともに撮影に臨んでくれました。

ソロ撮影中こちらの求めるシチュエーションを見事に演じてくれたのは、ドラマでの演技も光る宮近海斗さん、中村海人さんのWカイトのお二人。“汗だくになりながらタオルを求める姿を”というリクエストには、心の底からタオルを欲するような濡れた瞳で、手をカメラに伸ばすポーズをとってくれた宮近さん。中村さんは“トレーニングで疲れて寝ている途中に起こされたら”と伝えるなり、いまさっき起きたようなアンニュイな表情でカメラマンを翻弄。

さらに7人の中でも、撮影で意外性を披露してくれたのは七五三掛龍也さん、吉澤閑也さんのお二人。女の子のような繊細で端正な顔立ちの七五三掛さんは引き締まった腹筋を披露。撮影現場でいつも優しさを振りまいている吉澤さんは、カメラの前に立つなりオス味全開モードに。共にいつもとは違う、ワイルドな側面を見せてくれました。

そんなメンバーたちを温かいまなざしで見守るのは、Travis Japanにおける“お母さん”的存在の川島如恵留さん。みんなが撮影でわちゃわちゃしている間は静かに本を読みながら様子を見守り、座談会がはじまるとメンバー全員にまんべんなく話を振るなど、抜群の気配りを発揮。

ちなみにソロインタビューでは一部メンバーに自慢のカラダの部位をモノに例えてもらったのですが、肉球、とんこつラーメンのカタ麺、ココナッツ、スライムなど珍回答が炸裂! 一方座談会では各メンバーのパーツで理想的なパーフェクトボディをつくるべく、話し合ってもらい、こちらも予想だにしない展開に……誰がどんな回答をしたか、ぜひお確かめください。(YN)

立ち読み、詳細はこちらから
https://magazineworld.jp/anan/anan-2199/

ananwebでも今週の記事を配信しています。
https://ananweb.jp/