アンアンからニュースを配信します!

現代セックスのリアル SNSの普及で性欲が…!?

2019.8.10
愛おしいからこそ深まる関係。現代セックスのリアル。恋愛・就活ライターのトイアンナさんと、アヴェニューウィメンズクリニック院長・福山千代子先生が、20~59歳の女性300人へのセックスアンケートをもとに、現代のセックス事情を分析しました。
10

Q.性欲を感じる頻度は?

【20代】
毎日、ほぼ毎日…9% 週に2~3回…13% 週に1回…12% 月に2~3回…18% 月に1回…6% 半年に数回…2% 半年に1回…2% 年に1回…1% それ以下、性欲を感じない…37%

【30代】
毎日、ほぼ毎日…10% 週に2~3回…7% 週に1回…18% 月に2~3回…18% 月に1回…13% 半年に数回…4% 半年に1回…2% 年に数回…2% 年に1回…1% それ以下、性欲を感じない…25%

Sex

Q.ひとりHをするときはどうしますか? (複数回答)

【20代】
好きな相手のことを考える…15% Hな漫画や本を読む…18% 無料のHなサイトや動画を見る…34% 有料のHなサイトや動画を見る…3% その他…2% ひとりHはしない…50%

【30代】
好きな相手のことを考える…22% Hな漫画や本を読む…16% 無料のHなサイトや動画を見る…25% 有料のHなサイトや動画を見る…1% その他…1% ひとりHはしない…50%

12

Q.セックスの研究や練習をしますか?

【20代】
頻繁にする…2% たまにする…13% したことはあるがほぼしない…17% しない…68%

【30代】
頻繁にする…1% たまにする…13% したことはあるがほぼしない…22% しない…64%

日常で性欲を感じていない人が多数。「やはり、SNSの普及で他の娯楽が増えたことが原因のひとつ。LINEの既読機能などですぐに彼の状況がわかるので、恋心を募らせることも減っているのでは」(トイアンナさん)。ちなみに、ひとりHをする人は半数。女性向けの動画も気軽に見られるようになり、ひとりHをポジティブに楽しむ人もいる一方で、情報はありつつも、相手のために練習や研究をするという貪欲さは薄い傾向が。

Sex

Q.セックスパートナーと、セックスについてどんな話をしますか?

【20代】
してほしいことなど、行為の内容まで具体的に話す…11% 行為の内容以外のことは話すが、内容は話さない…22% 詳しい話はしないが、行為後に感想を言い合う…16% ほとんど話さない…39% まったく話さない…12%

【30代】
してほしいことなど、行為の内容まで具体的に話す…13% 行為の内容以外のことは話すが、内容は話さない…20% 詳しい話はしないが、行為後に感想を言い合う…16% ほとんど話さない…40% まったく話さない…11%

Q.友達と、セックスについてどんな話をしますか?

【20代】
行為の内容まで具体的に話す…3% 行為の内容以外のことは話すが、内容は話さない…13% 行為後の感想は話す…7% ほとんど話さない…27% まったく話さない…50%

【30代】
行為の内容まで具体的に話す…6% 行為の内容以外のことは話すが、内容は話さない…14% 行為後の感想は話す…7% ほとんど話さない…29% まったく話さない…44%

パートナーや友人とセックスについて話さない人が多いのは、“性の話ははしたない”という日本ならではの文化が影響しているとトイアンナさん。「パートナーとセックスの頻度などについては話すとしても、具体的な行為の内容までは触れない様子。また、かつてはセックスのことを人に聞けない代わりに、ハウツー本が売れていました。しかし、今は、あからさまなマニュアル本は男女ともに敬遠される傾向に」(トイアンナさん)

トイアンナさん 恋愛・就活ライター。コーチング、マーケッターとしても活躍。『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』(イースト・プレス)が好評。

ふくやま・ちよこ アヴェニューウィメンズクリニック院長。婦人科系疾患に留まらず、ホルモンの乱れによる肌荒れほか、性の悩みなど、多岐にわたり女性の相談に親身に回答。

※『anan』2019年8月14-21日合併号より。取材、文・安田光絵

(by anan編集部)

朝・昼・晩、3500時間どんな時もスキンケアタイム&“モテ”時間。
ファンデ美容で叶うこと。