アンアンからニュースを配信します!

木村カエラ15周年 全部新曲のアルバムはあいみょんとのコラボも

2019.8.3
木村カエラさんに、デビュー15周年記念アルバム『いちご』についてお話を聞きました。
26

積み上げたものを壊すことを恐れずに、新しいことをやろうと思った。

真っ赤な苺をくわえた木村カエラさんをカバーにしたニューアルバムはその名も『いちご』。実はこれ、15を≪いちご≫と読ませるデビュー15周年記念アルバム。アニバーサリー作品といえばベスト盤など集大成作品をリリースするアーティストも多いけど、本作はすべてオリジナルの新曲だけのアルバムである。

「15周年を前にして、なぜか20周年のことまで考えてしまって、20年目までずっとこのまま歌い続けていたい! という気持ちがぶわーっと出てきたんです。ということは、自分は一回、生まれ変わらなければならない、命という意味ではなく、全部壊して、新しいことをやるべきだ。プライドとか積み上げてきたものも壊すことを恐れずに、新しいことをしよう、そう思いました」

その強い気持ちが最も表れているのが、ラストに収められたタイトル曲「いちご」。過去と未来、または子どもとおとなの中間地点に立ちながら、カエラさんのいまの心境を正直につづったかのような曲。しんみりしながらも強い意志を感じる曲だ。

「いままではバンドメンバーと一緒にメロディを作り上げることが多かったけど、これは家で一人でギターを弾きながら書いた曲です。ギターで一から曲も歌詞も作るって、やったことがなかったので、新しい挑戦でした。『BREAKER』(映画『ペット2』日本語版イメージソング)という曲は、文字通り壊す人なんだけど、子どもが高く積んだ積み木を躊躇なくバーンと壊したりするでしょう。あのイメージを書きたかったの。壊してゼロにして、殻を破るっていまの私にぴったりだと感じたし、壊すことって新しい可能性を伸ばすことだと思っているんです」

この2曲を筆頭に、このアルバムから伝わってくるのは、守りに入らず、変化を恐れず、ずっと進化し続けたい、というメッセージ。

「いつも未来に目を向けているし、過去は振り返らない。自分を信じて生きていきたいと思っているかな。だって過去と他人はどうやっても変えられないでしょう。それを信じて行動していると、キターー! という感じに欲しいものを引き寄せてる気がします。そういうミラクルが、よく私には起きるんですよね」

本作ではChara、あいみょんとのコラボが実現。これはファンにとってまさにキターー! という嬉しいジョイントに違いない。

「あいみょんちゃんは歌詞も書きたいと言ってくれて、普段は歌い手に何も聞かずに書くみたいだけど(笑)、私はこういうことを書いてほしいとお願いして歌詞をつけてもらいました。Charaさんはご自宅に伺って、いろんな話をしながら、その合間にピアノに向かって、歌詞のアドバイスをしていただき。めちゃくちゃ楽しかったです」

さらにノルウェーのアートロックバンド、Pom Pokoには、直々に曲提供を依頼したとか。

「音楽もユニークだし、バンド名をジブリの映画『平成狸合戦ぽんぽこ』から採ったと聞き、これはもう頼むしかないとコンタクトしました。彼らのインスタに『日本のスーパースター、カエラキムラの曲を書いたよ、イエー!』とか上がってて、とっても喜んでくれてるみたいでよかった(笑)」

27

10th Album『いちご』【初回限定盤CD+DVD】¥3,700 すべて新曲の11曲入りスペシャルパッケージ。DVDには「Continue」のMVと「カエラのドキドキ☆ドッキリ大作戦」を収録。【通常盤CD】¥3,000(Colourful Records)

きむら・かえら 1984年生まれ。2004年『Level 42』でメジャーデビュー。今年6月23日には日比谷野外大音楽堂でアニバーサリー公演を開催した。10月から木村カエラ LIVE 2019 全国「いちご狩り」ツアーで8都市を回る。

Tシャツ¥20,500(アクネ ストゥディオズ/アクネ ストゥディオズ アオヤマ TEL:03・6418・9923) ピアス¥38,000(オール ブルース/エドストローム オフィス TEL:03・6427・5901) ブーツ(ユーズド)¥12,800(ドクターマーチン/VOSTOK TEL:03・3470・2221) その他はスタイリスト私物

※『anan』2019年8月7日号より。写真・井手野下貴弘(HITOME) スタイリスト・白山春久 ヘア&メイク・フジワラミホコ 取材、文・北條尚子

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

朝・昼・晩、3500時間どんな時もスキンケアタイム&“モテ”時間。
ファンデ美容で叶うこと。