アンアンからニュースを配信します!

横澤夏子が「気持ち悪い」と言われた高校時代の髪型とは?

2018.8.30
出会った女性がネタの源。そんな横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は年代ごとに髪型が違う柔軟性のある女になりきり。

似合わないスタイルも楽しめる姿勢が大切です。

横澤夏子

ヘアスタイルは、女性にとって重要なもの。思うようにきまらないと“今日一日、終わりだ…”と落ち込んだり、似合わなかったときのことを考えて、新しい髪型にするのが怖いという人も多いはず。私自身、高校生のときに前髪をぱっつんにしたら、好きな人に「気持ち悪いよ」と言われ、すぐ横分けにした経験が…。髪型のバリエーションが増えるので切ってみたいと思いながら、できないままになっています。だからこそ、色々な髪型に挑戦する女性に会うと、すごいなって思うんです。

きっと、日頃から“あのスタイル、やってみたい!”とリサーチを欠かさないし、いざ見つけたらトライするフットワークの軽さも素晴らしい。きっと、髪型もファッションの一部だと考えている人だろうし、たとえ失敗したとしても、その似合わない時期さえも楽しむことができる柔軟性を持っているのだと思います。昔の写真を見たときに“こういう髪型の時代もありました”と言えるのって、素敵じゃないですか!?

新しいスタイルに挑戦するなら、信頼している美容師さんに、自分が似合いそうな髪型を2パターン出してもらって選んでみるのはどうでしょうか。もっとチャレンジしたいときは、あえていつもは選ばないほうを選ぶと新しい一歩が踏み出せそう。ちなみに、髪型は、“巻き髪は甘え上手”“ショートへアは決断力がありそう”など、印象や性格に影響を与えるものなので、自分のなりたいイメージに近づくために、取り入れてみるのもよさそう。

以前、“断捨離(R)できる女になりたい”と思って髪をばっさり切ったのですが、家にあるいらないものを思い切って捨てられるようになりました。たとえ失敗しても、髪はすぐに伸びるもの。勇気を出して楽しみたいですね!

よこさわ・なつこ 芸人。『バイキング』(フジテレビ系)や『王様のブランチ』(TBS系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラー出演している。初の著書『追い込み婚のすべて』(光文社)が発売中。

※『anan』2018年9月5日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府麻衣 文・重信 綾

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#ファッション記事をさらに覗いてみる!
妊婦の9割が経験する! 不安からの”妊婦サーフィン”とは?