恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

食事を断られただけで傷心…奥手女子のための「簡単思考転換テク」 #88

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2019.5.13
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、思い切って意中の彼を食事に誘ったのに断られてしまった女子。いつも恋愛がうまくいかないと嘆く彼女に、佑雪さんが提案した解決策とは?

【クラブ佑雪】vol. 88

「頑張っているのに、恋だけうまくいかない自分を変えたい!」

佑雪ママの記事、いつも楽しみにしてます♡ 最近近しい人が立て続けにガンになったことから、「人生は短い。やりたいことをやろう」といろいろ頑張ってきました。その結果、-10㎏ダイエットに成功。正社員として採用もされ、家族と過ごす時間をつくって家事も手伝うようになりました。ところが、気になる彼を食事に誘ってみたところ、「忙しい」と断られてしまいました。脈ナシだったのかなと落ち込むし、周りの病気の話でまた気が滅入って元気が出ない……なんだかうまくいかないんです。ペットを愛でるのと、仕事場でおじさま方にかわいがってもらうのが唯一の癒し。誰かにどっと甘えたいけど、それができるタイプでもありません。今を楽しみたい。そして、実は恋愛未経験。いつも苦手な人にしか好かれません。そんな自分を変えるにはどうしたらいいでしょうか? 悩みが絶えません。どうかアドバイスをください!!

(虹 23歳 新米社員)

令和時代に思考のクセを変えてみませんか?

anan-web-銀座ママ-1

え、悩みが好きな男に好かれないだけ? なんと素敵な人生でしょう! ペットを含む家族との仲も良好。就職もうまくいって、職場でもかわいがられて。しかも10kgも減量できる強い意志力ももっていらっしゃる! まあ、そんだけ何もかも順調だと、たった1回、男に食事を断られただけで、落ち込むのもムリはないのかもしれませんね〜。

でも、考えてごらんなさいな。男に食事を断られて、貯金減りました? 1銭も減ってないでしょ? それに約束はできてレストランに行ったはいいけど、本人が姿を現さなかった、みたいに裏切られたわけでもない。正直、いっこも損してないわけでしょ? 嬉しくなれなかった、ってだけで。贅沢なお悩みなわけですよ。損した! とかならまだしも、嬉しくなれなかった! ってだけで落ち込むなんて、お姫さまですよ、お姫さま。民衆はもっと深刻な悩みに打ちひしがれております……。

一生、お姫さまを貫けるもんなら、貫くのもいいと思うんです。でも、自分を変えたいというのであれば、お姫さまのやめどきかもね。正社員になられたことでもありますし。だってね、大人になるほど、思い通りにいかないことだらけですから。ちょっと思惑が外れたからって、いちいち落ち込んでたら、せっかくの毎日が楽しくなくなっちゃいます。

基本、「ま、こんなもん」と思っておいて、嫌なことがあれば、「さ、次!」という風に切り替えていくのが、ご相談者さまお望みの「今を楽しむ」コツなんです。時代も令和に変わったことでもあります。キラキラしてても打たれ弱いお姫さま思考から、踏まれても立ち上がる雑草思考に考え方を変えてみてはいかがでしょう?

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!
銀座『クラブ佑雪』

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。初の著書となる『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)を3月29日に上梓。WEBサイト『食ベログメディア』で『出世ごはん』の連載中。


エッチ-な記事をもっと読む-_バナー

男が触れたくなる?「愛され肌を手に入れる」週1スキンケア法


©fizkes/Gettyimages