既婚男性との関係がバレて… 「不倫にハマった女性」の結末とは【昼顔妻の告白 後編】

文・塚田牧夫 — 2021.1.24
自身も彼氏がいながら、美穂さん(仮名・30歳)は出会い系アプリで知り合った既婚男性、勇人さん(仮名・38歳)と不倫関係に。美穂さんいわく「結婚の話が進まないことへの不満」が原因とのこと。しかし、ある時思いがけない出来事が起こります。いったいどんな結末を迎えてしまうのでしょうか。詳しく聞いてみました。

不倫相手とまた会ってしまったのはなぜ?

昼顔妻の告白 後編

「彼氏との関係を壊したいわけではなかったので、勇人さんと関係を持つのは1度きりのつもりでした。でも、“その後どう?”と連絡が来たりすると、ホッとするところがあって……。気付けば、彼よりも勇人さんのことを考える時間のほうが長くなっていました。

そこで、会うための口実を探すんですが、彼氏のことを相談するしかないんですよね。だから、それほど悩んではいたわけではないんですが、あえて悩んでいると思い込むようにしていましたね。自分のなかで、勇人さんと会うことを正当化させようとしていました」

どうして本気になってしまった?

「勇人さんとは、完全に割り切った関係でした。“好き”なんて言い合ったりしないし、強く求めたりもしません。一緒に居て、私の話を聞いてくれて、たまに抱き合って、それが居心地良かったんですね。

ただ、1度だけ、勇人さんが私への思いを打ち明けてくれたことがありました。“もし結婚していなかったら、本気で付き合いたかった”と。“せめて、君が幸せになれるように力になりたい”と言ってくれました。

そんなふうに考えてくれているなんて、意外でした。私のほうが、この人と一緒になれたら幸せだったのに……と思ってしまいました」

関係が終わったキッカケは?

「あるとき、勇人さんから連絡が来たんです。“妻に関係を知られてしまった”と言うんですね。私たちが連絡を取り合っているのがバレたみたいなんです。しかも、“妻から電話が来るかもしれない”とのこと。これは焦りました。

ただ、“君に迷惑をかけるようなことはしないから、電話に出ても大丈夫”と言うんです。恐らく、彼は奥さんにも誠意を持って対応してくれたんだと思います。

実際、知らない番号から電話が来ましたが、ためらってしまい、出られませんでした。勇人さんは真面目な人なので、彼の言うことを信用はしてはいたんですが、それでも怖かったんです。

もう1度同じ番号から電話が来たら出ようと思ったんですが、その後、かかってくることはありませんでした」

不倫相手と彼氏それぞれの関係は?

「勇人さんからは、謝罪のLINEが長文で送られてきました。本当にいい人だったんです。ただ、彼は誰に対してもいい人なので、奥さんを裏切ってしまったこともしっかり償うんでしょう。奥さんと別れることは絶対ないと思います。

彼氏との関係は変わらずですね。私も30歳になりましたが、今のところ結婚の話は出てきていません。

でも、私も悪いことをした自覚はあるので、彼にそう強くは言えません。とはいえ、最近は彼とふたりきりで過ごす時間も増えてきたので、まあ前進していると言えるのかもしれません」

以上、結婚を決めた彼氏がいながら不倫に堕ちた女性の告白をご紹介しました。

彼女の場合、今回は幸いにして、損害賠償や交際中の彼への不倫バレといった事態に発展することはありませんでした。しかし、既婚男性との関係を求めてしまったために、彼の妻を傷つけ、家庭を危機に陥れてしまいました。

不倫は、関わった人全てを不幸にする罪深い行為です。皆さんは絶対に足を踏み入れないようお気を付けくださいね。

©Westend61/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。