彼氏がいるのに… 既婚男性と関係をもった女性の「不倫のキッカケ」【昼顔妻の告白 前編】

文・塚田牧夫 — 2021.1.23
パートナーがいながら、ほかの男性が気になってしまう方もいるかもしれません。目移り程度で済めばいいですが、なかには深みにはまってしまう場合も……。今回お話をお聞きした美穂さん(仮名・30歳)は、相手が既婚者だったとわかりながら、関係を持ってしまったそう。彼女に不倫に至るキッカケや経緯をお聞きしました。

彼氏がいるのにどうしてほかの男性を?

IMG_5308

「彼氏とは付き合って2年。歳も同じで、交際当初からお互いに結婚を意識していました。だから同棲の話も出ていたんですね。

彼が住むマンションの更新時期を目安にしていたんですが、近付いてきても一向にそんな話にはならず、結局スルー。しかも、毎週末会っていたのに、次第に頻度が減ってきて、ちょっとずつ不満を感じるようになりました。

そんなときです。会社の同僚に、恋人を欲しがっている女性がいて、出会い系のアプリの話になりました。そこで、“不安だから一緒にやろう”と誘われたんです。登録だけのつもりで始めたのが、今思えば不倫の第一歩でしたね」

なぜ会うことになった?

「アプリに登録すると、毎日のようにかなりの数の“いいね”が届くんです。まだ私にもこんなに需要があるのかと、嬉しくなりました。それで少しだけ、メッセージもやり取りするように。でも、“会おう”という話題になる前に手を引くようにはしていたんです。

そんなとき、やり取り中の男性に、のちに不倫関係になってしまう、勇人さん(仮名・38歳)がいました。彼の何が良かったかというと、彼自身が既婚者であると告げてくれたことでした。“実は結婚してるんだ。妻と子どもがいる”と、正直に打ち明けてくれました。

恋愛するつもりではないという誠実さが感じられたので、こういう人に彼の相談をしてみたいと思い、私から会うことを提案しました」

実際に会ってみてどうだった?

「顔はプロフィールの写真ですでに見ていましたが、背が高く痩せ型で、色の白い人でした。口調は穏やかで、優しそうなイメージはそのままでしたね。

場所はイタリアンの居酒屋だったんですが、勇人さんはお酒が飲めないらしく、私だけいただきました。

そこで、今の彼氏の話をしてみました。結婚の話が進まないと伝えると、“彼はまだ若いから”と、“30歳を過ぎれば自然と落ち着くはず”とアドバイスをしてくれて……。

とにかくよく話を聞いてくれて、私だけでなく彼の立場にも配慮するようなスタンスが好印象でした」

どうして関係を?

「お店を出ると、私はワインのせいで足もとがおぼつかない状態でした。勇人さんが通りに出て、タクシーを拾ってくれたんですね。途中まで方向が一緒なので、同乗することに。

私としては、離れたくない気分でした。ただ、彼氏の話をさんざんしたあとなので、言葉にはしづらい……。勇人さんの手に、私の手を重ねるのが精一杯でした。

すると勇人さんも察してくれて、私のマンションの前で停まると、彼も降りてくれました。そこで関係を持ちました。勇人さんには家庭がありますから、1時間ほどの滞在で帰っていきました」

以上、彼氏がいるのに既婚者と不倫してしまった女性の告白をご紹介しました。

美穂さんは、彼氏以外の男性に不満を聞いてもらい、抱かれることで、束の間の癒しを得たそう。しかし、家庭のある男性と関係を持つのは罪深いこと。のちに待ち受けるいばらの道を覚悟しておかなければならないでしょう。

皆さんも、ちょっとした気の緩みがきっかけで、道を踏み外してしまうかもしれません。くれぐれもお気を付けくださいね。

©kokouu/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。