恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

即ドッキドキ!…思わず胸が高鳴る「世界の男前」厳選7人

写真・文 松永学 — 2020.2.15
パリ在住のカメラマン松永学さんによるイケメンスナップ。ちょっと春らしくなってきたパリですが、まだまだ気を許せません。風邪を寄せつけないような男達です。

マーリン 25歳 カーディーラー

_DSC0783

–イギリスナンバーのロールスロイスから降りてきたマーリンはパリではあまり見かけないタイプでした。

このロールスロイスは4日前に買ったばかりです。仕事上いろいろな車に乗りましたがこれは誰にも渡しませんよ。5時間でパリまで来て、問題なく走れました。

これから毎年楽しみにしている『サロン・レトロ・モービル』という500を超えるレトロカーの展示を友達と見に行きます。パリではホテルの『Saint James』のバーが大好きな場所です。この車はホテルに乗り入れるのが似合いますね。

ブロンド好きなのでマリリン・モンローがタイプです。ちょっと車も女優もレトロですが(笑)。

ヘンリー 30歳  レーシングドライバー

_DSC0778

–友達のマーリンと交互に運転してきたヘンリーはサングラスを外してくれません。

日本には2回、鈴鹿サーキットでのレトロカーレースのイベントで行きました。いつもサーキット周辺ばかりなので今度は沖縄に行ってみたいです。それと、インディゴ染めが好きで日本の岡山に行ってみたいんです。そこにはサーキットもあるんですよね。

今はフランスでクラシックレーシングカー、マーチ・エンジニアリング製の1976年のFー1カーでレースをしています。レーシングはスポーツです!

ロスト・イン・トランスレーションに出てた頃のスカーレット・ヨハンソンは最高でした。

エリオ 26歳 レストランサービス

_DSC0793

–比較的新しい『HOTEL NATIONAL DES ARTS & MÉTIERS』 に遊びにきたエリオは日本食大好き!

今日は友達がここのレストランで働いているので会いにきました。とても寛げる空間でおすすめですよ。僕もレストランでサービスをしているのでとても勉強になりました。バーも、面白いカクテルが飲めてとても良いです。デートにも最適ですよ。

パリではいつもYAMAHAのスクーターで移動しています。渋滞ばかりのパリではストレスがなくて快適です。好きな地区はビュット・オ・カイユという13区にあるところです。村のようなところと至るところにアーティストのグラフィテイがあるのが気に入っています。

日本に行ったことはまだないのですが、パリではとんかつや焼きそばを食べられるお店によく行きます。女性は、日に焼けていて地中海風の人! エヴァ・メンデスは最高です。

ヴィクトー 32 歳 ブティックオーナー

_DSC0956

–Passage du Grand-Cerfで見かけたヴィクトーのお店はいいセンスでした。

僕は4年前から『la petite ourse』というお店をやっています。クッションとランプをおもに扱っていますが、オーダーメイドでお客さんの注文にお応えしています。

日本は、2012年に東京に二週間ほど滞在していました。街がとてもクリーンで人も優しくて驚きました。そのあとインドに行ったのですが、その時はカルチャーショックでした(笑)。

パリではピガール界隈が好きです。生き生きとしたパリが感じられますよ。女優のナタリー・バイはフランス出身で、役も出で立ちも素晴らしいです。

ポール 30歳 整体マッサージ師

_DSC1075

–ポールからはうっすらアロマオイルの匂いを感じました。

日本には友達が住んでいるので彼がいる間に行こうかと思っています。でもあまり日本のことは知らないので、友達に案内してもらおうと思います。パリの好きな場所はなんといってもサクレ・クール寺院です。一番パリの空気が詰まっています。

理想の女性? いつも探していますが答えは見つけられていません。好きな歌手もいませんね。いつもメタルを聞いているもので…。

アルチュール 24歳 カフェバーサービス

_DSC1080

–アルチュールはサクレ・クールから坂を下がってアベス界隈の『Café Les Fistons』のサーバーです。

2年前からこのお店のサーバーとして働いています。基本、この辺りは観光地なのですが地元の常連客もたくさん来ています。窓が大きくて明るい雰囲気が良いのでしょうね。

ここの坂を下るとピガールなのですが、仕事を終えて帰る途中に『ムーラン・ルージュ』の風車のライティングを見るのが一番の幸せです。女性は背が高くてブロンドが好みです。

アントニー 21歳 パン職人

_DSC0689

–ポールベール通りというグルメ通りにできた新しいパン屋さんのアントニーは粉まみれ!

『Terroirs d’Avenir』は2008年から 環境と農業生産者を尊重する展開で成功していて、一週間前に2軒目であるここがオープンしました。2017年に最初にできた店で働き、今はここで働いています。新しい職場はモダーンで作業もしやすいです。

パリではモンマルトル界隈が好きです。かわいい村のようなところなんですよ。女性は僕の話をよく聞いてくれる人が好き。毎朝早く起きなくちゃいけないので、早起きな人がいいですね。エマ・ワトソンのような風貌の女性と付き合いたいです。

15秒でプロ脱帽のネイルアート!? 銀座の新スポットで体験