恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

モリマンが恥ずかしくて……あなたのモリマンはどのタイプ? #34

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2018.4.30
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、お股が盛り上がっている “モリマン” が恥ずかしいと嘆く女子。マンがモリッとしてしまう要因から解決法まで、佑雪さんが丁寧に解説してくれます!

【クラブ佑雪】vol. 34

「モリマンが恥ずかしくて……」

 私、モリマンなんです。いわゆる恥骨のというか、丘というか正面の毛の生えたところがモリッと盛り上がっていて。水着はもちろん、ピタッとしたワンピースを着るとすごく目立つんです。実際、友人の結婚式の二次会でタイトなスカートを履いていたら、新郎側のヘンな男から「お前、モリマンだな。毛が多いの?」など、酔っていたとはいえ初対面でありえないというか、人間としてありえないことを言われ、驚くとともに非常に傷つきました。さらに驚くことに、その後で「二人で抜け出そうよ」とか「今度、メシ行こうよ」などと誘うようなことまで言われてしまい、おめでたい席なのに不快で不快でどうしようもなかったです。訴えてもいいくらいの男でしたが、これを機にモリマンを治したいです。何かいい方法はありますか?
 
(momo 27歳 受付)

「仮性モリマン、真性モリマンで対処が異なります」

anan-web-銀座ママ-1

 情けない男ですね。ご相談者さまを「すてきな女性だな」とときめきながらも、自分に自信がなくてそんなことしか言えなかったのでしょう。卑屈な男が高嶺の花に恐れをなして、でも近づきたくて、自分が高みまで登ろうという勇気を出さずに、お相手女性を低いところにいる自分の位置まで落とすことで近づこうという典型です。このテの男はおそらく、付き合えばやさしくて、大切にしてくれて浮気もしないいい彼氏になりそうですが、ご相談者さまはきっとおモテになるでしょうから、ほかでよい方とお付き合いされればいいですよね。

で、モリマン案件。ネットで検索するとモリッと盛り上がっているマンの部分を大陰唇とする説が多いようですが、いただいたお悩みからするともっと表側の、立ったときに正面になる部分のことをおっしゃってるんですよね? なので今回の「マン」はそのあたりと定義します。そうした場合のモリマンには仮性と真性があるんですけどね。

仮性モリマン その1 毛由来

 仮性にも種類がございまして、ひとつは隠毛の元気がよすぎて盛り上がるという「毛由来」のもの。これはズバリ、剃るか抜くかなどしていただけば解消するかと。毛量が多い、毛質がゴワゴワ、その両方と個人によっていろいろおありでしょうが、わたくしはレーザー脱毛をおすすめします。脱毛ができるのはもちろん、パイパンにしなくても何回が当てることで、細くやわらかい毛が生えてくるようになりますから(回数は個人差あり)。ゴワッとした立体感が出にくくなり、モリマンが解消できます。

仮性モリマン その2 骨盤由来

 骨盤の傾きによってマンが盛り上がってしまうという骨盤由来のモリマンは、骨盤を正しい位置に戻してあげるのが一番です。整体やカイロプラクティックに行ったり、ヨガや骨盤体操を続けるといいでしょう。自分でよい姿勢を心がけるのも大事。姿勢をよく、というと胸を張るイメージがありますが、そうではなくおへそから下のお腹をタテに伸ばす感じにすると姿勢もよくなりますし、マンもモリッとしにくくなります。立ってるとき、歩くとき、座っているときもこの姿勢を習慣づけていくと、マンがモリッとしなくなるだけでなくお腹まわりや背中の贅肉も落ちてきれいなボディラインがつくれて一石二鳥です。

真性モリマン

 毛量を減らそうが、骨盤矯正しようがマンが堂々と盛り上がったままのあなたは、おめでとうございます! 真性モリマンです。ご本人的には気になって、ボディラインを強調するおしゃれにも文字通り腰が引けてしまうかもしれませんが、あはんはん界においては「アゲマンの相」としてありがたがられていますし、そのふっくらふくよかな肉付きが男性にとっては心地よく「具合がいい」らしいです。「恥骨が刺さって痛い」の反対の、いわば福マン。生んでくれたお母さんに感謝して、誇っていきましょう!

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!
銀座『クラブ佑雪』

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。初の著書となる『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)を3月29日に上梓。WEBサイト『食ベログメディア』で『出世ごはん』の連載中。


©SIphotography/Gettyimages