【2022年の運勢】12星座別「運命の転換期を迎える」星座は?

文・五十六謀星もっちぃ — 2021.12.31 — Page 1/13
ここ数年は多くの人にとって運命が変化する時代でした。占星術の世界でも“風の時代”と呼ばれる時代に突入するなど、めまぐるしい時代の変遷を経て迎える2022年。そんな2022年は一体どのような年になるのでしょうか。今回は、占い師の五十六謀星もっちぃさんに12星座別に中期的視点ではどのような意味をもった1年になるのかを解説してもらいました。

【2022年の運勢】

まずは、12星座別に2022年がどのような年になるのかをざっくりとチェック!

記事の後半で、12星座別の「2022年の開運の秘訣」を紹介するので、あなたの星座をクリックしてください。

おひつじ座3/21~4/19

おひつじ座のあなたにとってこの一年は、これまで歩んできた運命の本流から枝分かれする“支流”が生じる一年になりそうです。人生全体の大転換期というわけではありませんが、人生のサイドストーリーが充実する楽しい時期になるでしょう。

おうし座4/20~5/20

これまでに手に入れたものが定着することで、人生が安定に向かっていく一年となりそうです。多くの収穫を得るというよりは、収穫したものを加工して価値を高める時期。ドキドキすることよりも安心できることに恵まれやすいシーズンといえるでしょう。

ふたご座5/21~6/21

この2022年は勉強の年です。もともと敏感なふたご座のアンテナが、この一年はさらに研ぎ澄まされるため、あらゆる情報を集めることができるでしょう。いろいろなものを吸収することで、人生を充実させる出会いが広がりそう。

かに座6/22~7/22

大きな動きが起こる時期です。これまでの生活とは違う新しい基板を手に入れる可能性があります。生活の変化に適応するためには、すべての変化をポジティブに捉えることが重要です。

しし座7/23~8/22

ここ数年で蒔いてきた種に水をやる時期です。過去に計画していた仕事や、ここ数年で出会った人間関係をさらに発展させるために、もうひと頑張りしてください。この先数年でそれが大きな成果となって収穫の時期を迎えるはずです。

おとめ座8/23~9/22

いろいろなことが再スタートする時期です。今まで休んでいたことにもう1度力を入れてみるのもよいでしょう。新しい力を手に入れるためのヒントは、少し前のあなたの中にあります。

てんびん座9/23~10/23

この一年は、運気が発展する時期になるでしょう。停滞を感じていた様々なことに新しい力が加わり、スムーズに事が運ぶようになりそう。その結果、予想外の幸運が舞い込んでくるかも。

さそり座10/24~11/22

神仏の加護を感じるような幸運が舞い込んでくる一年です。風任せに歩いても、運命が正しい方向にあなたを導いてくれます。地図を捨てて心の赴くままに歩いてみてください。

いて座11/23~12/21

何らかの形で実り豊かな収穫の時期を迎えます。このタイミングでは、すぐにうまくいきそうなことに力を注ぎましょう。この時期は“うまくいくことこそ正義”という、功利主義的な考え方を持ってもいいかもしれません。

やぎ座12/22~1/19

偉大なものに心を動かし、感動と教訓を受ける一年になるでしょう。心から尊敬したいと思える人との出会いや、人生観をより深くしてくれる哲学など、新たな出会いがあなたの人生を豊かにしてくれそう。

みずがめ座1/20~2/18

様々なものの取捨選択が行われる一年になりそうです。これからの人生に本当に必要なものが見つかるでしょう。身軽になって新しいものを手に入れて、人生を転換するチャンスです。

うお座2/19~3/20

ここまで伸びてきた運気をさらにアップさせるために奮闘するか、もしくはここで一休みをするか。その選択が迫られる時期といえます。どちらの道を選んでも充実する一年になるでしょう。


2022年が一体どのような年になるのかをチェックできたところで、
次は「2022年の開運の秘訣」を確認していきましょう!

「2022年の開運の秘訣」は? 星座をクリック!







 

五十六謀星もっちぃ
10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。
占い師や、占い師になりたい人向けのオンラインサロンを運営。
著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)
公式HP:https://motty56.com/
占い師のサロン:https://salon.motty56.com/

©AaronAmat/gettyimages
©PIKSEL/gettyimages