12星座別【2022年上半期】あなたと相性のいい人

文・沙木貴咲 — 2022.1.8 — Page 1/13
今回は、2022年上半期に【相性がいい星座】をご紹介! 恋活・婚活中の人はやみくもに出会いを探すより、相性のいい相手に注目したほうがいいでしょう。交際中であれば、恋人との相性をチェックしておいて。新しい年の恋の指針になるはずです。

【2022年上半期占い】

まずは星座別に2022年上半期の相性をざっくりチェック。

後半では「おすすめのアプローチ方法」について紹介するので、あなたの星座をクリックしてください!

「2022年上半期の相性」プチまとめ

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

この上半期、しし座は恋人候補になりやすく公私ともに親密な関係が築けるでしょう。仕事や興味を持った分野でアドバイスをもらうとか、協力し合うことが恋のきっかけになりそうです。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

2022年上半期、おうし座同士は運命を感じやすく一目惚れをしたり、大恋愛といえる関係を築いたりするでしょう。多くを語らなくても通じ合えるので居心地が良く、気づけば付き合っているような状態になりそう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

この上半期、しし座とは良き相談相手で、お手本になる人として距離が縮まりやすいでしょう。ちょっとしたアドバイスにドキッとして、その尊敬心が恋心に発展していくはず。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

2022年上半期のうお座は何かと注目を集めやすいため、気づけば好きになっているかもしれません。一緒にいると元気を分けてもらえたり、「私はありのままでいい」と自信がついたりするでしょう。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

この上半期、おひつじ座とはスピード感のある恋ができるでしょう。もともとノリが良いタイプですが、出会った日に意気投合してそのまま付き合うという急進展もあるかもしれません。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

2022年上半期は、うお座を特別な存在に感じやすいでしょう。いつにも増して魅力的に見えたり、独特なシンクロニシティを感じたりするはず。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

同じ“てんびん座”とは気持ちが通じ合いやすく、本音を話すことで恋が生まれそうです。建前で付き合う時間は短く、すぐに心で語り合うようになるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

2022年上半期のうお座は魅力たっぷり。いつも以上に優しく、愛嬌のある表情にドキッとさせられそうです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

みずがめ座とは、この上半期にちょうど良い距離感でお付き合いできるでしょう。一緒にいると心地良く、安心できる存在になるはずです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

この上半期はおとめ座と何かと絡むことが多くなりそう。そのため、恋が芽生えやすいでしょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

友人や仕事仲間として親しい“いて座”が、急に魅力的に見えてくるかもしれません。すでに顔見知りの人だけでなく、初対面の“いて座”のことも無意識のうちに気にしてしまうはず。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

2022年上半期は慌ただしい時期になりますが、そんな中で“かに座”は何かと気遣ってくれるでしょう。以心伝心するように自分の気持ちを汲んでくれるので、いつの間にか特別な存在になっているはずです。


ざっくりとチェックできたところで、
ここからは「おすすめのアプローチ方法」について確認していきましょう!

「おすすめのアプローチ方法」は? 星座をクリック!







 

沙木貴咲
占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。占い歴は16年、メール鑑定歴は7年(2021年時点)。結婚・出産・離婚・独立を経て、豊富すぎる人生経験を活かしながら占いや恋愛の記事を執筆中。
この著者の記事一覧はコチラ!

©Josef Lindau/gettyimages
©Sam Edwards/gettyimages