アソコの奥まで入れて… 早く挿入したがっている「男性の仕草」4つ

文・塚田牧夫 — — Page 1/2
エッチを盛り上げるのにはテンポが大事。相手と呼吸を合わせつつ、スムーズに進めることが大きな快感にもつながります。そのためには、相手が何を求めているか察する能力も必要です。そこで、“早く挿入したいときの仕草”について、男性がついやってしまうことを聞いてみました。

自分で触っている

「エッチが始まると、僕はすぐに挿入したくなっちゃうんですよね。でも、女性はカラダの準備があるので、無理にはできません。

そのタイミングを待っているあいだ、自分でアソコを触ることがあります。ゴシゴシと触って刺激を与えて、状態を維持するためです。そうしながら、彼女からOKが出るのを待ちます」トモキ(仮名)/29歳

本当は早く挿入したいんですね。ただ、自分の欲求だけを押し付けるのはマナー違反。自分で触って状態を維持しながら、そのときを待っているようです。

腰を押し付ける

「彼女とエッチをしているとき、挿入したくなると腰を押し付けてしまいます。グリグリ押し付けて、もうこんなに固くなっているよって伝えています。我慢できないアピールですね。すると彼女も、“はいはい”と言って、挿れさせてくれます」タクシ(仮名)/26歳

欲求がどれだけ高まっているかを、腰を押し付けることで伝えているんですね。実際の大きさや固さをアピールすることで、相手の欲求を煽っているのかもしれないですね。

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。