男子禁制女子トーク!

もう普通のセックスに戻れない!中イキで「天国に昇るような感覚」を味わうコツとは?

文・遠藤加奈 PR・ LCラブコスメ — 〔PR〕
友達の話やネットの記事などで『オーガズム』の経験談を見て「イク感覚がわからない私って変なの?」という悩みを持っている女性は意外と多いもの。

実際にLCラブコスメのアンケートでも、「イク感覚を知っている」と答えた女性は50.9%で、オーガズムの経験者はちょうど半々。実はイッたことのある女性の割合はそんなに多くありません。

イク経験をしたことがない女性の中には「今のエッチでも十分にも気持ちいいから……」と、セックスでイクことを諦めてしまうこともあるようです。また、「ひとりエッチでイケるから、セックスではイケなくていい」と思ってしまうことも。

しかし、経験者の意見では「最高に気持ちいい」「一度イク感覚を味わうと、もう戻れない」と、さらなる快感から新しいラブタイムの魅力を感じられている女性がほとんど。

経験してみないとわからない「イク」という感覚。一度は経験してみたいと思いませんか?実は、オーガズムに導くためのコツは存在するのです。

■「頭が真っ白になって…」セックスでイクにはどうしたらいい?

そもそも、「オーガズム」や「イク」という現象はどういう事なのでしょうか。

「オーガズム」とは性感帯を刺激し続けることにより、性的快感によって子宮や膣、肛門括約筋が収縮運動を繰り返す現象のことです。

その感覚は個人差があり、表現もさまざま。LCラブコスメのアンケートでも、

・ふわふわした感じ
・頭が真っ白になって、気が遠くなるような感覚
・ジェットコースターが急速に下がるように、体がふわぁ〜っと浮く感じ
・電気が走ったようになって、一気に体の力が抜ける

と多種多様な回答が集まりました。中には「天国に昇るような感覚」という表現をする方も。かなり強烈な快感が身体を駆け巡ることは伝わりますよね。

さらに、女性のオーガズムは「外イキ」と「中イキ」の2種類があります。

「外イキ」とは、クリトリスの刺激で起こるオーガズム。外陰部にあるクリトリスは男性にとってペニスに相当する部位で、目で位置を確認できて触れやすいため指や舌などの愛撫がしやすく、オーガズムに達しやすい性感帯といえそうです。ただし、外イキは快感が浅い上、何度もイクことができません。

「中イキ」とは、膣の中にある「Gスポット」や「ポルチオ」と呼ばれる性感帯を刺激することでオーガズムを誘発。しかし中にあるため確実な場所を目視しにくく、しかもある程度開発しないと感度が上がりにくい性感帯のため、オーガズムの難易度は外イキに比べて高めです。

しかし、中イキは快感が深いのも特徴です。「天国に昇るような感覚」が何度も身体を駆け巡ると考えると、経験者が普通のラブタイムに戻れないのも頷けますよね。

ただ、Gスポットの刺激でイクには、ある程度その感覚に慣れておく必要があります。

それでは、その感覚に慣れるためには、具体的にどうすればいいのでしょうか。その方法は、あるグッズを使ったひとりエッチがカギを握っているのです!

■7割以上の女性が「初めてイったのはひとりエッチ」

憧れの「中イキ」を経験するコツは、「ひとりエッチ」と言われています。

実はLCラブコスメが行った調査によると、76%の女性が「初めてのオーガズムはひとりエッチで体験した」と回答していました!

男性のテクニック次第と思われていた「中イキ」ですが、経験者のほとんどは、ひとりエッチの感度磨きでコツを掴んでいたのです。

しかも、ひとりエッチで中イキを経験した後に、セックスが激変したのだそう。

『これまで一度も中で感じたことがありませんでした。セックスに自信がない自分を変えたい、大好きな彼と夢中になりたいという気持ちから「中で感じるラブグッズ」を毎日使うように。すると数日後に突然、内側から上り詰めていくような感覚に出会い、中に吸い付くようにぎゅーっと締まって、とんでもない気持ち良さに思わず声を上げてしまいました。その感覚が自信になり、彼とのラブタイムで生まれて初めて、中の気持ち良さを感じました。普段詰まらなさそうにエッチする彼から「そんな感じてくれたら我慢できないよ」と、初めて2回目を求められて……!自分磨きを始めて本当に良かったなぁと思います』
(セレナさん/30歳/ライター)

『自分でどこが気持ちいいのか、なんとなく分からなかったため、中で感じるラブグッズで感度を高めることに。気持ちいいと感じられたのは、2回目のとき。自分の気持ちいいところすべてが刺激されてると実感できました。
また、彼とのエッチのときにも使ってみたところ、彼が思いのほか大興奮!「すごい、締まってる……!」と感動してました!とても嬉しかったです!』(ちよこさん/22歳/事務員)

■「中で感じるバイブ」と「感じるマッサージ」でイク感覚をトレーニング

「中イキ」のコツを掴んだ彼女たちが、ひとりエッチに使っていたラブグッズとは、LCラブコスメの『マリンビーンズ』。中の感度アップを目指せる初心者向けバイブです。

感度磨きの秘密は、3つの刺激。細かい突起でクリトリスを大きく挟みこむクリバイブに、ピンポイントでGスポットを刺激するとんがりヘッド。

そしてヘッドに搭載されたモーターがずんずんと奥のポルチオに振動を与え、中イキへのスイッチを探しやすくします。

使い方は簡単。『マリンビーンズ』を挿入後「弱」にしてしばらくそのままにしておきます。

膣にだんだんなじんできたら、膣前壁に沿って奥へ進めて、Gスポットを探り当てます。

Gスポットは、人差し指か中指を、膣の入り口から第二関節くらいまで挿入した後、恥骨を押すように探すと分かりやすいです。

Gスポットを探し当てたら、途中から「強」にしてGスポット周辺を攻めていきます。単純に上下に擦るだけでなく、回したり、出し入れしたりしてみるのもいいでしょう。

Gスポットを刺激し続けると「おしっこがしたくなるような感じ」になる場合があり、Gスポットで中イキをしたときは「足に力が入らなくなってガクガク震える」「急にふわっと全身の力が抜ける」などの感じ方をする人も多いです。

さらに、膣の奥の子宮口のあたりに先端をあてていきましょう。

ポルチオの開発は、小刻みに揺らすのがポイント。子宮全体に快感を与えるような意識で、一定のリズムで刺激していきましょう。

突くというよりは奥に揺さぶるようなイメージで。慣れるまではゆっくり時間をかけて焦らないようにしてください。

ポルチオ3

Gスポットやポルチオで快感が高まってきたら、コントローラーで強弱、回し方を変えたりしてみましょう。オーガズムが近づいたら、ピストン運動を早めて一気にスパートをかけましょう。

『マリンビーンズ』の安心感のあるプニプニとしたやわらかい感触は、医療用器具にも使用されるエラストマー素材。また清潔感のあるカラーと親しみやすいコロンとした丸いフォルムがかわいらしく、バイブ初心者の方でも抵抗感なく使えます!

さらに『マリンビーンズ』で中の感じる場所を見つけたら、より感じるカラダへと近付ける『ラブコスメ リュイール ホット』で“感じるマッサージ”をプラス。

しっとりとしたテクスチャーの美容液を小豆大ほど指に出し、感じやすいところへゆっくり塗りこみながらマッサージ。そのまま愛撫を続けていくと、じんわりと熱い感覚がわき起こり、これまで感じたことのないような刺激的な時間を体感できます。より感じやすいカラダを目指せるため、挿入時の潤いケアにも役立ちそう。

「夫のものが中に入ってきた瞬間に、頭の先から足のつま先までビリビリっと電気が走るような感覚になり、すぐにイッてしまいました」(ありさん/28歳/主婦)

「塗り込んでもらうと、ジーンと温かく感じました。クリ派なのですが、指を入れてもらった中がすごく気持ちよくて……自分でもびっくりするくらい感じてしまいました」(ユカタンさん/32歳/製造業)

さすが、月に3000個以上も売れ続ける、実力派アイテムですね!

『マリンビーンズ』で中の感度を磨き、『ラブコスメ リュイール ホット』を感じるところにじっくり塗りこめば、「中イキ」のコツを知ることができそうです。

今よりもっと気持ちよくなれたら、快感に乱れるあなたに彼はくぎ付け!あなたとのセックスがより楽しくなるはずです。お互いの満足度をアップするためにも、中の感度を磨いて「憧れの中イキ」をかなえましょう!

■LCラブコスメ

女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、これまで誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。

【参考】

LCラブコスメ-マリンビーンズ

【関連記事】

※濃厚クンニが止まらない…!感度が急上昇するアソコの秘密 

※初セックスで決まる!?「一夜限りの女」と「何度も抱きたい女」の決定的な違い

※クンニ後のキス、大丈夫?彼が喜ぶ「食べたいアソコ」になる方法

※3人に2人の男がアソコの●●を見ている!彼が思わず舐めたくなる「秘密のケア」とは