男子禁制女子トーク!

ムラムラが止まらない…男が驚愕した「性欲モンスター女」3選

文・塚田牧夫 —
男はエッチが大好き。呆れるぐらい求めてくることもありますよね。しかし、女性のなかには、それを優に上回る性欲の持ち主がいます。今回はそんな、“男が圧倒された性欲の強い女”というテーマで、エピソードをご紹介しましょう。

タクシーのなかで

「飲み会に参加したとき。ちょっと遅れて行ったんですね。すると、やや酔った感じの女性が、すぐに俺の隣に座りました。その人が、まったく離れないんです。ロックオン状態。しかも、ずっと太ももを触ってましたね。

途中で、“出よう”と言われたので、なるべくさりげな~く、二人でその場を去りました。そしてホテルへ。しかし、その日は土曜日ということもあり、どこも満室。女性はチッと舌打ちをして、“あそこは?”と指さしたのは公園の公衆便所。いやいや……。

なんとか説得して、タクシーで三十分ぐらいかかりますが、うちに行くことに。でも、タクシーのなかで我慢できなくなったのか、俺の股間を触り始めました。さらに、パンツのなかにまで手を入れてこようとした。男みたいだな……と驚きました」カツマサ(仮名)/30歳

横でずっとひとりエッチ

「友だちの彼女が、なぜか俺によく連絡をくれるようになりました。“飲みに行こう”とか“家行っていい?”とか誘ってくるんだけど、友だちとの関係を壊したくないから全部断ってたんですね。

でもあるとき、“終電を逃して帰れない”と言うので、仕方なくうちに入れてあげました。ベッドは使わせて、俺はソファで寝てたんです。すると“一緒に寝よう”と言ってきて……。

こっちは聞こえないふりをして、無視してましたよ。そうしたら、なんか色っぽい声が聞こえてきた……。なんと、ひとりエッチを始めやがった。それを一時間以上続けてた。なんて女だ……と思いました」イチロ(仮名)/29歳

生気を吸いつくされた

「学生のときです。三階建てアパートの二階でひとり暮らしをしていました。そのちょうど上の階に、年上のお姉さんが住んでいたんですね。なんの仕事をしてるかは分かりません。ただ、ずっと家にいましたね。

そのお姉さんと挨拶を交わすようになり、部屋にも呼ばれるように。当然のごとくエッチをしました。僕も若かったので、毎日のようにしていました。

夜、天井がトントンと鳴るんです。お姉さんが床を叩いてるんですね。それが部屋に行く合図みたいになってました。

そんな生活をしばらく続けていたら、寝不足でみるみる痩せていきました。友だちからは“生気を吸い取られてる”と言われました。そしてあるとき、学校で倒れてしまった。

病院に運ばれ、先生に診てもらったら、栄養失調寸前だと言われました。ごはんはちゃんと食べてたのに……。本当に生気を吸い取られていたみたい」トモ(仮名)/29歳

“男が圧倒された性欲の強い女”をご紹介しました。

もしかしたら、自分で性欲が強いと自覚している方もいるかもしれません。あまりそれを発揮しすぎると、男性も引いてしまうところがあるので、徐々に出すようにしていきましょう。

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

「男が触れたくなる髪」のケア方法知ってる…? – PR

(C) Arthur-studio10 / shutterstock
(C) oneinchpunch / shutterstock
(C) Roman Samborskyi / shutterstock