座りっぱなしで“腰まわり”がカチコチ…おすすめ「お尻伸ばし」ストレッチ

2021.3.4
長時間座りっぱなしで“腰まわり”がカチコチ…そんなときにチャレンジしたいストレッチをご紹介! 教えてくれたのは、チャンネル登録者数70万人超えのストレッチ系YouTuber・オガトレさんです。

オガトレ流“ほぐストレッチ”3か条

1、大きい筋肉→小さい筋肉。ストレッチは順番が命!

2、しっかり伸ばすために“1セット30秒”が基本。

3、「痛気持ちいい」強さで! 10段階でいうと6程度。

お悩み:座りっぱなしで腰まわりがカチコチ。

長時間座りっぱなしでいると、お尻の筋肉が圧を受けて腰がカチコチに。そこで、お尻につく2つの重要な筋肉、梨状筋(りじょうきん)と大臀筋をしっかりストレッチ。

腰まわりストレッチ1

硬くなったお尻の梨状筋を伸ばし、腰まわりをゆるめる。
両膝を立てた状態で座り、両手を後ろにつく。左足首を右膝の上あたりに乗せ、そのまま胸を張った姿勢で30秒キープする。この姿勢がとれない人は、右脚を伸ばした状態で左足首を乗せて、徐々に右膝を曲げていくとやりやすい。

stretch

組んだ脚側のお尻が伸びていることを意識。股関節を外転、外旋させる梨状筋がストレッチされる。より伸ばしたい人は、床につけた足を胸に近づけてみて。

腰まわりストレッチ2

ひねりを加えることで、骨盤の動きをスムーズに。
1の梨状筋ストレッチの体勢から、左足が床につくように腰を右にひねり30秒キープ。キツければ、右膝を伸ばしたまま腰をひねってもOK。この時、上半身は正面に向けておくこと。1~2の流れを、左右を入れ替えて同様に行う。

stretch

お尻の表層にあるもっとも大きな筋肉で、股関節を伸展させる大臀筋のストレッチ。なるべく腰に負担の少ない形で、骨盤の動きをしっかりと出すことが狙い。

腰まわりストレッチ3

自重を利用したお尻伸ばしで、一日の疲れをオフ!

stretch

両手を床について四つん這いに。スネができるだけ真横になるように右脚を前に出したら、姿勢を低くして両肘を床につける。このまま30秒キープする。キツければ、両手を床につくだけでもOK。左右を入れ替えて逆側も同様に行う。

stretch

前に出した足側の大臀筋が深く伸びていることを意識。曲げた膝を少し内側にズラして、同じ側の肩の真下あたりに持ってくると、伸び感がさらにアップする。

オガトレさん ストレッチ系YouTuber。理学療法士。著書に『オガトレの超・超・超かたい体が柔らかくなる30秒ストレッチ』(ダイヤモンド社)など。

ブラトップ¥9,500 レギンス¥13,000(共にダンスキン/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター TEL:0120・307・560)

※『anan』2021年3月10日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・横川莉那(スペースクラフト) 取材、文・瀬尾麻美

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。