アンアンからニュースを配信します!

榮倉奈々「それが家族なんだな」 昔から変わらない恋愛観語る

2020.3.9
ハーフパンツのセットアップスーツに身を包み、マニッシュの中にも色気を携える榮倉奈々さん。2020年3月に50周年を迎えるananにおいて、無邪気な笑顔で単独初表紙を飾ってから10年、すっかり洗練された大人の魅力をまとう女性へ。
eikura

ananには度々、表紙や巻頭企画に登場してくれた榮倉奈々さん。約10年前に発売された「マンガ大好き!」特集で、ananでは初めて単独で表紙を飾った、あどけない笑顔のご自身を見て「わ、茶髪でクルクル!」と照れ笑い。

「マンガ好きを公言していなかったはずなのですが、このお話をいただいたので、とても驚いたことを覚えています。大好きな矢沢あいさんのマンガから手塚治虫先生の作品まで、当時誌面で紹介したマンガはすべて、今も我が家の本棚に並んでいます」

その約5年後には、「大人の恋の見つけ方。」特集で再び表紙に。改めて、当時のインタビューを読み返してみると…。

「“すべてを共有しなくても、お互いに認め合える恋愛に憧れる”という点は、今も考えは変わりません。最近は、それまで同じような経験を積んでいなくても、時間を経て一緒に経験するものが増えるということは、全然想像していなかった関係性を生み出していくものなんだなぁと、日々の中でじんわりと実感しています。それが家族なんだな、と」

翌年の「本気の美脚・美尻。」特集では、多くの女性がその美脚っぷりに息を呑んだはず。引き締まった脚を逆さまにスラリと伸ばしたポーズは、まさにセンセーショナルだった。

「当時は筋トレが趣味で、やればやるほど成果が出るから楽しくて、食事管理もしっかりしていました。読み返すと結構ストイックなことをしていましたね(笑)。今はここまで本気ではなく、健康と美容を目的にストレッチやランをゆるく行っている程度。自分ルールはなくなり、持っている道具も厳選されました。知識も増え、生活も変わって、必要なものが減ったといいますか…使うものだけが身の回りに整った感じです」

eikura

「あの時はこういうのも食べなかったんだろうな(笑)」と、ケータリングのハンバーガーに手を伸ばした榮倉さん。「自分ルールがなくなった」という言葉が微笑ましい。最後に、ananへの思いを語ってくれた。

「まだSNSもない時代に、女優さんや俳優さんの、ドラマや映画では見られない斬新な姿を見ることができたのがananでした。そんなふうにこれからも、衝撃的な切り口やビジュアルを世の中に与え続けてほしいです。そしてまた、楽しい企画に呼んでください!」

2191 eikura3

No.1716(2010年7月14日号)
マンガはジャンルを問わず、読みあさっていました。
「海外の男の子のスナップ写真を美容院に持ち込んで、この髪型にしてもらったのを覚えています。好きな作品は、その頃どういう気持ちだったかを思い出したい時に、今でも読み返したりしていますよ」

eikura

No.1942(2015年2月18日号)
大胆な衣装で肌も露出できるのはananだから。
「衣装は全ページにわたってスリップドレス1枚で、美脚・美尻特集の時もそうでしたが、ここまで大胆に肌を出すのもananだからこそ。そう思うと、ananは特別な雑誌なんです」

eikura

No.2002(2016年5月4・11日号)
28歳当時の趣味は筋トレ! ストイックでした。
「当時は90分のパーソナルトレーニングを週に2~3回していたので、懸垂も腕立ても余裕で。この前当時と同じトレーナーさんから、今よりもおもりが5kg多かったと聞いて衝撃を受けました(笑)」

えいくら・なな 1988年2月12日生まれ、鹿児島県出身。女優。放送中のドラマ『テセウスの船』(TBS系)に出演。4月24日公開予定の、中島みゆきの名曲に着想を得た映画『糸』に出演。アームシースルージャケット¥87,000 タンクトップ¥18,000 ハーフパンツ¥42,000(以上コート TEL:03・3447・6424) サンダル¥81,000(トッズ/トッズ・ジャパン TEL:0120・102・578) ピアス¥38,000(ララガン/ララガンデザイン info@ralagan.com)

※『anan』2020年3月11日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・影山蓉子(eight peace) ヘア&メイク・松井里加(A.K.A) 取材、文・若山あや

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

anan「モテコスメ大賞」受賞のシャンプーを試してみた