アンアンからニュースを配信します!

「ご自身で歌ってください」と言われ…tofubeatsの新たな挑戦がイイ

2018.10.10
これまで藤井隆や森高千里など、ジャンルレスな人選でゲストボーカルや客演を招き、クラブミュージックの可能性をポップに切り開いてきたトラックメーカー、tofubeats。前作『FANTASY CLUB』は派手な演出をそぎ落とし、彼自身の本来の作家性が問われた一枚だったが、1年4か月ぶりとなるオリジナルアルバム『RUN』は、その地平をさらに突き進む。4枚目にして初めて全てセルフボーカル、演奏も全て一人でこなしているのだ。
tofubeats

「それは最初から狙っていたわけじゃないんですよ。まずドラマの主題歌として作った『ふめつのこころ』と映画の主題歌の『RIVER』という2曲が先にあって。どちらも誰かに歌っていただくつもりで当初作っていたんです。それが、デモを関係者に聴いてもらったら、どちらもご自身で歌ってくださいという話になった(笑)。じゃ、せっかくなのでアルバムもミニマムに一人だけでやってみようか、となったんです」

tofubeatsといえば、声に機械的なエフェクトをかけたオート・チューンの歌声が特徴のひとつ。

「これまでオート・チューン=激しいダンスナンバーみたいな図式があったと思うんです。でも、徐々にその意識も変わってきているんですよね。『RIVER』のようなバラード曲でエフェクトがかかった僕の声でも違和感を与えず“いいね”と言ってもらえる時代のムードがある。あ、そうか、今はそれが求められるタイミングなんだな、と。それが今回の方向性を決めてくれたと思う」

tofubeats

表題曲「RUN」は、そんな“自分自身で進むこと”への自覚を強く感じさせる自立心あるポジティブソング。ほかにも、普遍的な恋や愛をテーマにしたメロウな「MOONLIGHT」「SOMETIMES」や、まるで生声のように響くバラード「DEAD WAX」など、これまでのtofubeatsにはないタイプの表現にハッとさせられる。一人で己と向き合いつつも、そこから外へと走り出そうとする前向きな姿勢は、多くのリスナーの心に寄り添うものになるはずだ。

「聴く人に、なにかしら響くものがあるとうれしいですね。とくに僕は、古内東子さんや傳田真央さんが歌うようなOL系恋愛ソングが大好きなので(笑)。キラキラした女性たちに、アッパーな踊れる曲だけじゃなく、そういうミディアムなナンバーが刺さると言ってもらえるのは、とても光栄なことだなと思います」

トーフビーツ 1990年、神戸市生まれ、神戸在住。中学時代に音楽活動を開始。’13年メジャーデビュー以降も地方発信のスタイルにこだわり、プロデュースやDJでも人気に。

『RUN』4枚目のオリジナルアルバム。土曜ドラマ24『電影少女‐VIDEO GIRL AI 2018‐』主題歌「ふめつのこころ」、映画『寝ても覚めても』主題歌「RIVER」など12曲収録。『RUN』¥2,800(ワーナーミュージック)

※『anan』2018年10月17日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) インタビュー、文・梅原加奈

(by anan編集部)


#音楽記事をもっと読む。
#映画をさらに覗いてみる!
女らしさを演出…お泊りデートで用意しておきたい雑貨