アンアンからニュースを配信します!

あの大倉孝二さんが「とことん意味がない」作品を公演!?

2018.6.15
俳優の大倉孝二さんが、劇作家で演出家のブルー&スカイさんと立ち上げた演劇コンビネーション、ジョンソン&ジャクソン。第3弾は、池谷のぶえさんといとうせいこうさんを迎えた新作『ニューレッスン』。
110

とことん何もない、純度の高いナンセンスコメディ。

大倉:そもそも、ジョンソン&ジャクソンを始めたのって、最近、やる機会が減ってしまった“くだらないこと”をやりたかったからなんですよね。今回、原点回帰じゃないですけど、ここまで“演劇”をやらなきゃという感じになっていたのをいったんリセットして、自分たちにリミッターを設けず、乱暴さを失わずにやりたいことをやろうと思いまして。恐れ多いですが、僕とブルー&スカイのやりたいことを理解してくださっている、いとうさんと池谷さんに出演をお願いしたんです。

池谷:4年ぶりに誘っていただいて、嬉しかったんですが、ナンセンスコメディに対する純度が高いユニットだけに、期待に応えていけるか…。それに、頭の回転が速いせいこうさんに、こちらのことを見抜かれるんじゃないかって、緊張もあって。

大倉:その不安はつきまといますよね。ブルー&スカイとも、あの頭脳を恐れずにいこうとは話してます。なんなら、僕らより先に台本の面白さとダメさをわかっているおふたり。僕らがそれを教わろうと思っています。それが今回のタイトルにも表れてるんですけど。

池谷:今回、私は明るい元気な作品がくるんだろうと想像していたら、全然違う肌触りで驚きました。しっぽりと気が狂っている、みたいな。

大倉:いま僕らがやりたい“くだらなさ”を探した時に、本人たちは真面目にやってるけど、とことん意味がないっていうのがいいなって。

池谷:これがうまくいけば、すごく面白くなるんだろうと思います。

大倉:じつはこのユニットを立ち上げたのには、ブルー&スカイという異形の才能を、多くの人に知ってほしいというのもあるんです。

池谷:完全に、ブルー君のプロデューサーかマネージャーですよね。

大倉:稽古中にすぐ「演出辞めたい」とか言い出すような困った人ですけれど(笑)、それでも独自の作風というかセンスは、何にも代えがたい無二のものがあると思っていて。

池谷:ブルー君とは長い付き合いですけど、私もいまだに毎回びっくりさせられるし、何年経っても色褪せないですよね。今回も、きっと面白いものをお見せできると思います。

大倉:「本当に何にもねーな」って言ってもらうのが理想です。その素晴らしさを味わってもらえたら。

タレント

ジョンソン&ジャクソン『ニューレッスン』  6月21日(木)~7月1日(日) 渋谷・CBGKシブゲキ!! 出演/大倉孝二、いとうせいこう、ブルー&スカイ、小園茉奈、池谷のぶえ 全席指定5000円(税込み) 7月6~8日に大阪公演あり。キューブTEL:03・5485・2252(月~金曜12時~18時) www.cubeinc.co.jp

おおくら・こうじ ナイロン100℃所属。映像作品への出演も多く、近作にドラマ『アンナチュラル』、映画『ロマンス』『HERO』など。出演映画『君が君で君だ』は7月7日公開。

いけたに・のぶえ ブルー&スカイが主宰していた劇団・猫ニャーの看板女優として注目され、数々の舞台や映像で活躍。放送中の朝ドラ『半分、青い。』で岐阜の洋品店の木原田幸子役に。

※『anan』2018年6月20日号より。写真・小笠原真紀 取材、文・望月リサ

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#舞台の記事を覗いてみる!
私も馬のオーナーに!あこがれのバヌーシー体験