アンアンからニュースを配信します!

「オファー待ってます!」岡崎体育が狙う“あのテーマ曲”とは?

2018.6.12
岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「サッカーと音楽」です。
岡崎体育

サッカーと音楽にはとても密接な関係があると思います。僕は、基本的にサッカーは観る専門。プレーはしないんですけど、欧州リーグをテレビ観戦したり、コナミの「ウイイレ」(※コナミのサッカーゲームシリーズ「ウイニングイレブン」の略称)で遊んだりと親しんでおります。

この「ウイイレ」ひとつとっても音楽が重要な役割を果たしていると実感できます。なぜってこのゲームのBGM選曲がすっごくイケてるんです! ブルーノ・マーズやリンキン・パーク、ジョン・レジェンドなど実際のアーティストやバンドの楽曲をごそっと使っている。ロックやパンク、EDMなどアップビートな楽曲群がゲームの興奮をより高めてくれる。このゲームのサントラが人気だというのも納得の秀逸なセレクトです。これを聴くだけでも、サッカーファンは音楽に意識が高く、こだわりを持っている人が多いということがよくわかります。おしゃれです。

あと、サッカーと音楽の関係を語る上で欠かせないのは「チャント」の存在ですよね。「チャント」っていうのは、それぞれのチームが持つ応援歌のことです。サポーターたちが「チャント」を歌うことで、選手たちを鼓舞したり、観客が一丸となったり、音楽の力でひとつになるわけです。有名なところだと、イングランドのプレミアリーグに所属するチーム、リバプールFCのサポーターたちによる「You’ll never walk alone」でしょうか。サポーターたちがアカペラで大合唱する声がスタジアム全体を包む映像を見たことがあって、鳥肌立つほどかっこよかったです。ちなみに僕が好きなチームは、同じくプレミアリーグに所属するチェルシー。ディディエ・ドログバという選手が好きでした(※2015年にチェルシーを退団。今シーズンはアメリカのフェニックス・ライジングFCに所属)。母国のコートジボワールでは大統領より力を持つ男と言われているすごいヤツです。

ワールドカップももうすぐ開幕ですね。今回は、どんなドラマが生まれるのでしょうか。そして、そのとき一体、どんな音楽が流れているのでしょうね。僕、偶然にも名前が“体育”なんですよ。みなさん、知ってます? テレビ局各局のワールドカップテーマ曲とか、それ以外でもスポーツ関連の音楽とか、けっこういけると思うんですけど、業界関係者のみなさま、引き続きオファーお待ちしております。

おかざき・たいいく タイアップ曲満載の企画アルバム『OT WORKS』が発売中。NHK総合の新番組『テンゴちゃん~土曜深夜の辺境レボリューション~』(土曜24:05~、次回放送未定)パーソナリティ。

※『anan』2018年6月13日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#スポーツ記事をさらに覗いてみる!
貧乏女子必見!お金がなくても楽しめる海外旅行のススメ