飼い主に抱かれながら遊んでいます!…闘病する猫さまの至福の時間

取材、文・Manabu Matsunaga — 2022.6.18
フランス在住のカメラマン、松永学さんによる、フランスの猫さま紹介! 第40回目はルビー(Ruby)さま。

深刻な心臓病の猫さまの物語

【フレンチ猫さま】vol. 40

猫さまの話をもっと聞かせて! 


猫 フランス 保護猫

もうすぐ2歳になる女性猫ルビーさま。飼い主に寄り添う優しい猫さまです。


猫 フランス 保護猫

私は心臓の病気があり、最近は頻繁に獣医さんのところへ行って検査をしています。朝と夜に薬を飲んでいますが、これは結構苦手な味なんです。

よく眠れるのは薬のせいかもしれません。1日のほとんどの時間をベッドで過ごしますが、2~3時間は遊ぶようにしています。以前は青い杖に、羽や輪ゴムや鐘がついているものでよく遊んでいました。しかし、今は病気が深刻なので、飼い主に抱かれながら遊んでいます。


猫 フランス 保護猫

食事は、心臓に良いとされるオメガ3と6が豊富に入ったものが中心です。カリカリよりパテのほうが好きで、チキン味の歯ごたえのあるスティックはおやつにいただきます。

夜、飼い主の脚に寄り添って寝るのが好きです。飼い主は、「美しくて愛らしい大きな丸い目! とても柔らかい毛並み!」と言いながら優しくなでてくれます。


猫 フランス 保護猫

実は飼い主も同じ病気をもっているのです。一緒に生活しているので、お互いコントロールするのに便利ですし、病気に打ち克つための勇気ももてます。お互いを思う気持ちが、この病気と戦う方法なのかと思って毎日を過ごしています。


猫 フランス 保護猫

ーー飼い主は、両親の庭でルビーを見つけ、数か月後、いつ何が起こるかわからない、深刻な心臓病にかかっていることを知りました。心臓の動脈が厚くなる血栓症を患っていて、血栓が動脈を塞ぐと強い痛みを伴うだけでなく、致命傷になる可能性があります。

<飼い主からのメッセージ>
ルビーは、最終的にはこの病気で亡くなるでしょう。しかし、私はその運命の日まで、彼女に可能な限り最善のケアができればと思います。彼女の血栓症治療には相当額の費用がかかります。そのため、彼女のケアができるように、メッセージを作りました。私は最後の瞬間まで、落ち着いてルビーに寄り添いたいと考えています。最近、ルビーのために子猫を迎え入れました。病状も、子猫のオニックスが来てから、よくなるようにと願っています。

寄付募集サイト(フランス語)https://www.leetchi.com/c/le-coeur-de-ruby?utm_source=copylink&utm_medium=social_sharing

取材、文・Manabu Matsunaga