本命との決定的な違い…! 「都合のいい彼女」になりやすい女性の特徴 #245

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2022.6.6
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、婚活アプリで出会った男性となんとなく交際を始めた36歳女性。デートやLINEでの彼の態度に不安を感じて…。佑雪さんが、都合のいい彼女になりやすい女性の特徴と、不幸になりがちなマインドを教えてくれます!

お悩み:「婚活アプリで会った彼、本当に結婚する気あるのでしょうか?」

マッチングアプリ 婚活 出会い系 結婚 本音 付き合ってはいけない 男性 特徴

【クラブ佑雪】vol. 245


連絡をくれない彼が本気で向き合ってくれてるのか不安になります。「付き合おう」という言葉はありませんでしたが、マッチングアプリで知り合った彼となんとなくお付き合いがスタートしました。付き合う前からあまり連絡を頻繁にするタイプの人ではありませんでしたが、付き合ってからも、たとえば困ったことがあってLINEで質問したりすると割とすぐ返事をくれますが、今週末会いたいとLINEすると既読スルーされます。

彼も会いたいタイミングだと返事をくれますが、おそらく用事があるか別に会いたくないときにはスルーのままです。SNSは毎日更新していますし、仕事が忙しいとかでもないです。趣味は忙しいかもしれないですが、わかりません。こちらがまったく連絡しないでいると、様子伺いのLINEがきますが、こちらがそれに返事をすると、また既読スルーされます。

毎日連絡をとりたいわけではありませんが、私は返事をしないのは失礼だと思うので、必ず遅くなっても返信するし、遅くなった理由も伝えるようにするので、既読スルーする人の気持ちがわからないのと、これまで連絡をくれないタイプの方と付き合ったことがないので、遊ばれてるのかと不安になります。 婚活目的のマッチングアプリだったので、会ったときにはうっすら結婚を意識した話にはなることもありますが、会うのも2〜3時間程度で、ごはん食べてセックスして解散です。

結婚についてどう考えているのか、突っ込んだ話をしてみたいですが怖くて聞けません。 冷静に自分の状況を判断できない私に現実を突きつけてやってください。よろしくお願いします。

(ちゃー 36歳未婚 会社員)

婚活以外でも、人生うまくいかないのでは?

anan-web-銀座ママ-1

ていうか、そもそも彼、独身? 全体的に「愛されてない」感が漂ってますけど、特に気になる点が2つほどあるんですよね。

その1. 「ごはん食べてセックスして」って、それ、どこでやってるの? もし、ご相談者さまのおうちやホテルのみで、彼の家に行ったことないとかだったら、限りなくクロに近いですよね? 

その2. 「今週末会いたいとLINEすると既読スルーされます」。週末、家族と過ごすからご相談者さまとはデートできないってことなのかな? ってフツーに思っちゃうんですけど、そのあたりどうですか? あと「会うのも2〜3時間程度」ってことはお泊まりなしってことでしょ? う〜ん、怪しすぎる!!!!!

そうなるとですね。「付き合おうという言葉はなかった」とか「マッチングアプリで知り合った」っていうことが、すごく“生きて”くるわけですよ。いいですか? まず、大切に思われていたら、好きとか付き合おうとか、そういう言葉がなくても、そしてわたくしなんぞに相談しなくたって、自分自身でわかります!! 

で、自分に敬意をもっているお相手であれば、付き合う時点で「どうか、お付き合いさせていただけないでしょうか」って下手からへりくだって、緊張しながら言ってくるわけですよ。それがなかったわけですよね? 会うときやLINEのタイミングだって、敬意があれば、自分の都合でしか動かないってことはないわけですよ。だって、そうでしょ? 大事なクライアントにそんな態度とる? しかも、婚活アプリで出会ったお相手ですよ? 結婚を考えてたら、そんな対応、できます?

で、みなさまご存じのように婚活アプリって、既婚者が不倫目的で利用していることがめちゃめちゃ多いですからね。で、特に既婚男性がターゲットにするのがアラフォーやアラフィフの女性。本当に腹が立ちますが、年齢を重ねて、周りに独身が少なくなって、出会いも激減して心細くなってきたところに、スッと入り込む。

で、女性側は結婚相手として離したくないですし、誘われるとフラフラ体を許しがち。でも、男性にはそのつもりは全然ないから今回のような流れになりやすいんですよね。あ、言っときますけど、既婚男性はもちろん、そういうヤカラだらけですが、そのような行動をとっている独身男性も大勢いますから、つまらない思いをしたくなければ、くれぐれもご用心くださいね。

残念ながら、今回はそういうわけです。ご相談者さまも完全に大人の年齢です。恋愛だけじゃなく、ほかの人間関係や仕事においても、流されて不本意なことになってること、多いんじゃないですか? その性格、これを機会に直されてはいかがでしょう? 「怖くて聞けません」は身を滅ぼすマインド。そのフレーズを口にし続ける限り、いつまでたっても人生が不発なままですよ? 

今回のご相談内容なら、付き合う前にお相手に「結婚の意思があるか?」「ちゃんと独身なのか?」確認して、彼の友人や家族などにも会わせてもらってから付き合うとか、そもそも、ちゃんと結婚の話をするとか。怖くても聞ける人間になって、人生、変えていきましょう!


【お悩み募集しています。こちらからどうぞ!】
※ マガジンハウスの会員登録をしていただくことになります。
銀座『クラブ佑雪』お悩みはこちらへ


藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。anan web上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママとしてお悩み相談「クラブ佑雪」、『TABI LABO』で「目覚めよ! 恋愛力 藤島佑雪のLOVE占い」など連載多数。

占いによる個人鑑定のお申し込みはこちら


©Ol’ga Efimova / EyeEm/Gettyimages