恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

「人生で1番無駄な時間だった」… 元カレの未練を断ち切った「女性の残酷LINE」3つ

文・塚田牧夫 — 2020.9.23
恋人や好きな人にフラれたあと、すぐには立ち直れませんよね。しかし、ずっと引きずっていても仕方ありません。自分でその思いにピリオドを打ち、先に進むことも大事です。そこで、“彼への未練を断ち切ったLINE”について、女性たちに体験談を語ってもらいました。共感できる方も多いのではないでしょうか。

「人生で1番無駄な時間だった」

女性の残酷LINE

「彼に浮気をされて別れたんですが、多少引きずっていました。すると、1か月ほどして彼からLINEが。“最近どうしてる?”という軽い内容でした。

“暇でゲームばっかりしてる”と答えたんですね。そこからしばらく付き合っていたときの話になり、彼が“いい時間だったよな”と言ったんです。

浮気しておきながら都合がいい男だと思いました。そこで、“人生で1番無駄な時間だった”と返してやりました。そこで返信は途絶えました」アンナ(仮名)/25歳

「暇でゲームばかりしている」現在よりも、付き合っていた時間の方が無駄だということですから、かなり残酷な返答でしょう。もう脈がないことは確実に伝わるはずです。

「慈善事業じゃないの」

「元カレは仕事が続かないタイプの人で、それが原因で別れたんですね。でも、以前にも1度別れたことがあって、その経験からまたヨリを戻すのかなという思いもありました。

そんなときに、彼からLINEで“元気?”と連絡がきました。多分、彼もヨリを戻すつもりだったんでしょう。“会えない?”と言ってきました。

悩みましたが、このまま続けても意味がなく、彼にとっても良くないと思い“ごめん無理”と。“慈善事業じゃないの”と送りました。それっきり、連絡は来なくなりました」ナオ(仮名)/28歳

好意はもうなく、戻ったとしてもボランティアだという意味の残酷な言葉です。文字にするとかなり重く、彼としては胸に刺さる言葉になったでしょう。

「彼を助けてあげて欲しい」

女性の残酷LINE

「元カレと別れて、しばらく飲み歩くようになりました。そこで、あるお店のマスターと親しくなり、付き合うことになったんですね。

しかし、経営状態が悪くなり、それが影響して私たちも微妙な関係に。そんなとき、元カレから連絡が来たんです。

正直元カレに未練もあったので、動揺しました。しかも、“困ったことがあったら言って”と優しい態度だったんです。でも、彼の言葉に流されてはいけないと思いました。

そこで、今付き合っている彼のことを話し、“店に行って助けてあげてほしい”と伝え、未練を断ち切りました」ミホ(仮名)/31歳

元カレに対して未練があるなら、今の交際相手のことなど伝えたくなかったでしょう。元カレだって、いい気はしません。それをあえて伝えることで、区切りをつけたんですね。

“彼への未練を断ち切った女性の残酷LINE”をご紹介しました。

未練を断ち切るのは、とても勇気が必要です。でも、今までのしがらみから解放されたときこそ、次に進むための意欲が湧いてくるはず。ぜひご参考にしてくださいね!

©elenaleonova/gettyimages
©praetorianphoto/gettyimages