恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

【悪霊に取り憑かれる…?】夏にしてはいけない「不吉な行動」4選

文・夏目みやび — 2020.7.22
夏は楽しい事が盛りだくさん。外に出かける機会も徐々に増えてくるでしょう。でも、知らず知らずのうちに取った行動が、不吉な事態を招く原因になっているかもしれません……。今回は、占い師の夏目みやびさんに「夏にしてはいけない不吉な行動」をご紹介いただきます。

川辺で石を拾う

夏は山や川などに出かけ、キャンプやBBQを楽しんだり、川辺で水遊びをすることもあると思います。川辺には変わった色の石が落ちていたり、角が取れて丸みのある可愛らしい石などもありますね。ちょっと記念に持ち帰りたいという思いにかられますが、持ち帰るのは止めたほうが無難です!

石というのは、依り代(よりしろ/神霊が現れるときに宿ると考えられているもの)の役目を持つものがあり、なかには悪いものが憑いている場合もあるかもしれません。記念だからといって石を部屋に飾ると、家の運気がダウンしてしまう可能性が。

それに、岩や石など固いものには、強い感情などの念が入りやすいとも言われています。もし川の上流で亡くなった人や動物がいたとして、無念の死を遂げていたとしたら……。やはり河原の石を持ち帰るのは避けた方が良いでしょう。

お墓や廃校で肝試し

夏になるとテレビや動画などで肝試しをしている様子を見る機会があると思います。噂になっているスポットには、仲間と行ってみたくなってしまう人もいるかもしれません。

しかしそのような場所はやはり薄暗く、腐敗している物などがあり、「陰」の気があつまりやすいもの。浮かばれない霊などが寄ってきやすい場所とも言えます。ですから軽いノリで行くのはキケン!

また、お墓は亡くなられた方、先祖が静かに眠る場所です。ですから度胸試しをするのはもってのほか。肝試しをしたい場合は、遊園地やアミューズメントパークでの賑やかな場所にあるお化け屋敷に行く方が良いでしょう。

お盆期間中の浮気や不倫

長期の休みになると、仕事や勉強などから開放されて恋愛モードに入る人もいるかと思います。またパートナーや恋人と旅行へ行ったり、帰省する人もいるでしょう。

でも、お盆期間中の恋愛は控えめに。とくに、人に言えない秘密の恋愛や秘め事、浮気行為はお盆中は絶対に避けた方が良い行動です。

お盆は先祖が淨土から地上に戻ってくる期間であり、家にお迎えをして、先祖を供養する期間です。その期間は心を静め、家族との時間を大切にする方が良いでしょう。羽目を外していると、ご先祖様から厳しい目を向けられるかもしれません……。

トイレに貝殻のオブジェ

夏は涼しげで爽やかなビーチ風の小物などを、部屋にディスプレイする人もいるかと思います。

その時にちょっと気をつけて欲しいのがシェルアイテム。特に、拾ってきた貝殻は、長年海を漂っていたため様々な気をため込んでいる可能性があります。

そんな貝殻を、気が溜まりやすいトイレに置くのはNG行為! 知らず知らずのうちに運気を下げてしまうかもしれません。よく塩で洗い、太陽の下でしっかりと干してから、飾るようにしましょう。

いかがでしたか。ちょっと気を付けるだけで、不吉な出来事は避けられます。思い出に残る素敵な夏になりますように!

©Michael Heffernan/gettyimages
©Tim Robberts/gettyimages