恋愛世代のリアルを発信。

またマウンティングかよ…! アラサー女子が腹立つ「女の自慢話」

文・harako — 2018.9.12
新作ブランドバック自慢に恋人のノロケに、も〜うんざり!! というわけで、20~30代女子が集まる総研メンバーにリサーチしました! 「女の自慢話」にイラッとした経験を教えてください!

【アンアン総研リサーチ】

鼻高々なご様子で……。

自慢げにされてイラッとしたことがある女性は、42%。どちらとも言えないを含めると70%となり、かなりの高数字です。鼻につくポイントは、大きく以下の5つにわかれました。

1位 リア充(24%)
2位 住んでいる場所(18%)
2位 彼氏・夫(18%)
3位 持ち物(14%)

番外 その他(26%)

意外にも「持ち物」は最下位で、「住んでいる場所」と「彼氏・夫」が同率2位に。「その他」には、いったいなにが含まれているのでしょうか。

イラッと自慢エピソードを教えて!

当てはまったらヤバイかも……!?

第3位 持ち物(14%)

「私が投稿すると『私も持ってる〜』とコメントする女がウザい」(28歳・自由業)
「ブランド物のバッグを、何個買ったとか言ってくる」(30歳・自由業)

第2位 彼氏・夫(18%同率)

「彼氏の家がお金持ちと自慢する」(22歳・大学生)
「うちの旦那が芸能人と知り合いアピール」(27歳・自営業)
「『彼が高級マンションに住んでて~』みたいな自分がヒモなのに自慢する人(笑)!」(27歳・自営業)

第2位 住んでいる場所(18%同率)

「『家の近くの◯◯』とか『代官山に住んでいると…』とか、住んでいる場所アピールが凄い」(30歳・会社員)
「港区住民の港区最高(笑)!」(32歳・主婦)

第1位 リア充(24%)

「オーディションが受かった、今日も撮影でとっても忙しいなど」(28歳・専門職)
「最近本当忙しくて、テレビも見てないし、映画も行けてないしなど…多忙アピール」(30歳・会社員)

番外 その他(26%)

「英語が話せる自慢で外人の友だちが多いとマウンティング」(28歳・自営業)
「学歴自慢」(24歳・会社員)
「友だちが有名人自慢」(22歳・大学生)

出ました〜!! 不満の声。わかりやすいマウンティングもありますが、筆者が意外だったのは、友人や知り合いのことまで自慢だと感じること。また、アラサー世代にはキャリア自慢もイラッとされてしまうので、たとえ自信があっても控えめに話すのが良いでしょう。

自慢話の反応は、3パターン

イラッとしても表に出さないのが、大人の対応。

パターン1. 可憐にスルー!

「あまり話の内容を聞いてない」(31歳・自由業)
「興味ないですよ感を出す」(29歳・公務員)

パターン2. 素直に、尊敬!

「すごいねと言う(本当に思っているので)」(31歳・自由業)
「本当に素敵だなと思った時はいろいろと聞く」(35歳・会社員)

パターン3. 社交辞令で相槌!

「『へえー!すごいー!』と適当に交わす(笑)」(22歳・大学生)
「否定すると長引くので、流れに身をまかす。スルーに近い感じだとすぐ終わります」(30歳・自営業)

そもそも聞いていないというドライな意見もありますが、自分よりすごいと感じたら素直に「すごい!」と反応すると言う声も。嫉妬や執着より、相手のステータスを自分の肥やしにしたほうが賢いかもしれません。

女子のマウンティング大会は謙虚に行こう!

いかがでしたか? 女子の自慢にはみなさん、常にアンテナを張っているのがよくわかりましたね。それを知ってか、「自分が自慢する時はありますか?」と言う質問には、77%がほぼしないと回答。特に、女子だけが集まる場所では謙虚な姿勢が身のためです。お気をつけて。

#エッチな記事 もチェック……!

妊婦の9割が経験する! 不安からの”妊婦サーフィン”とは?


©Sjale/Gettyimages
©jacoblund/Gettyimages
©martin-dm/Gettyimages
©gradyreese/Gettyimages