ハダカのコクハク【Epi7-3】「子供が欲しくない!」

— Page 3/3

Pink eye’s

妊娠と結婚について

そういえば、私も、子供はいらない派でした。

自分みたいなややこしい子供ができたらうんざりだし、自由がなくなる、責任重大だと思っていましたから、「結婚しない、子供も産まない!」と周囲に宣言していました。だいたいの男性は(女性も)、それを聞いて引いていましたね。

だけど、私が結婚相手に選んだ、ハズバンドだけは違いました。

ハズバンドが酔っ払って「結婚する!」と抱き着いてきたとき、「私は子供は産まない!」と宣言しました。すると……ハズバンドの返事は、「僕が産む!」でした。

「ピンク先生のハズバンドって、頭おかしいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、私はこのひとことで結婚を決めたんですよね(笑) 

さらに、「万が一産むとしたら高齢出産になるし、障害を持った子が生まれるかもしれない」と言うと、「障害を持った子の何がいけないの? かわいいじゃん!」と言われました。

ハンマーで頭を殴られたような衝撃、とはこのこと。

えっ? 彼と結婚したら、私、産んでも産まなくもいいんだ。と、すごくラクな気持ちになったんです。そして、私が「子供はいらない!」と宣言していた本当の気持ちに気がつきました。

「私は、五体満足な子供を産まないといけない! そうでなければ、親として認められない」と思い込んでいて、その不安から逃げたかったことに。

そりゃあ、子供のころから「五体満足で良かったね」「五体満足に産んでもらったんだから親に感謝しろ」と言われて続けてきたら、洗脳されちゃいますよね。

五体満足だから気づかないこともあるし、五体不満足だからこそ気づくこともあり、どっちがいいか悪いかなんて、決められることじゃないのに。

それに気づいたとき、

私は、子供を産む人生、産まない人生、どっちを生きてもいいんだ。
どんな子が生まれようと、他人には関係ないことだよね。

と思えて、生きることが少しラクに。そして結婚に至ったのでした。

あんなに結婚も子育てもしないと宣言していたのに、今では、子供ができたら育てる派、もしくは、縁があれば、親のいない子を育てたい派、に変わりました。

みなさんも「子供がほしい」「子供がほしくない」「どっちでもいい」いずれかの感情をお持ちだと思います。
なぜそう思うのかを、とことん追求してみると、新たな自分の人生に気づけるかもしれませんよ。

 

ハダカのコクハク【Epi7】「名門大学の男を制覇して」まとめ

【Epi7-1】「早い・小さい・ヘタ!」

【Epi7-2】「制服のままで」

 
※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。