男子禁制女子トーク!

ハダカのコクハク【Epi7-2】「制服のままで」

— Page 1/3
高校生から奔放な性生活を過ごしてきた遥さん。刺激的なお外でのセックスに、興味のある方も多いのでは?気をつけなきゃいけないのは、意外にも「あのこと」でした。

ハダカのコクハク【Epi7】

「名門大学の男を制覇して」

■ハダカになる人
遥さん(仮名)

■データ
・年齢・26歳
・職業・会社員
・彼氏 有(1年)
・初体験 16歳
・経験人数 10人
・H回数 1回/月
・好きな体位 正常位
・苦手な体位 正常位からバックに移動する途中


名門私立大学を卒業後、商社に入社。海外出張もこなすバリバリのキャリアウーマンで、ルックスは石原さとみ似という才色兼備な遥さん。さぞお高くとまっているのではという予想を見事に裏切る、サービス精神旺盛でよく笑うキャラ。性に関しては「性欲は強くないほう。セックスは別にしなくてもいい」とのこと。遥さんがセックスを必要としないのには、ある理由が……。

 

【Epi7-2】
制服のままで

高校時代の恋愛をひと言でいうと……サル!

私立高校だったのですが、ガリ勉タイプと遊んでいるタイプが半々くらいの高校で、私はもちろん後者。校則が超キビしい中学に通っていたので「高校になったら絶対遊んでやる!」って思っていましたので。遊んでいる派の女子は、学校にばっちりメイクをしてきていて、男性もワックスでヘアーキメキメみたいな感じ。クラブへ行くとか、夜のバイトとか、普通の人が大学デビューするようなことを、全部高校でやっちゃうような感じでした。ゆえに、恋愛や性にもオープンで、みんなカジュアルにセックスをしまくっていました。

当時は制服でラブホへ入れた時代で、同じ時間帯に同級生が別の部屋でセックスなんてこともしょっちゅう(笑)。あと、学校の近くの公園は、うちの高校の野外ラブホ化していました。あちらこちらでセックスしていましたよ。

【次のページ】初体験は?