男子禁制女子トーク!

ハダカのコクハク【Epi7-1】「早い・小さい・ヘタ! 」

— Page 1/3
今回ハダカになるのは、商社勤めのキャリアウーマン、遥さん。セックスにこだわらないという彼女には、ある理由がありました。ダメ男つづきに悩む女性必見です!

ハダカのコクハク【Epi7】

「名門大学の男を制覇して」

■ハダカになる人
遥さん(仮名)

■データ
・年齢・26歳
・職業・会社員
・彼氏 有(1年)
・初体験 16歳
・経験人数 10人
・H回数 1回/月
・好きな体位 正常位
・苦手な体位 正常位からバックに移動する途中


名門私立大学を卒業後、商社に入社。海外出張もこなすバリバリのキャリアウーマンで、ルックスは石原さとみ似という才色兼備な遥さん。さぞお高くとまっているのではという予想を見事に裏切る、サービス精神旺盛でよく笑うキャラ。性に関しては「性欲は強くないほう。セックスは別にしなくてもいい」とのこと。遥さんがセックスを必要としないのには、ある理由が……。

 

【Epi7-1】
早い・小さい・ヘタ!
「ほんと、チ○コ運ないよね!」

大学時代は、友達の間で評判になるほど、つき合う男、つき合う男、早い・小さい・ヘタ! でした。

ひとり目は、日本で一番といわれる国立T大学の男。

私が行っていた大学よりランク下の大学の男たちって、若干の嫉妬心を出してくるんですよね。「お前は○○大学だからな」「お前の周りの男たちにはかなわないわ」みたいにひねくれている感じが嫌で、とりあえず最強の大学の男を試しとくか、みたいな感じで。

私、やらずに後悔するのが嫌いなので、何事も行動してから考えるタイプなんです。

彼とは、T大学の学祭で出会いました。彼自身のルックスはフツ―だったけど、彼の周りはモデルをしていたり、ミスコンに推薦されたりするようなカッコいい男ばかり。だから彼のグループの周りには常に女が群がっていて、女の子を交えない遊びなんて知らない感じでした。彼は、全国2位の成績で税理士試験を受かっちゃうくらい、めちゃくちゃ賢かった。

【次のページ】彼とのセックスは?