男子禁制女子トーク!

彼のひと言で…?セックスレスが解消した「斬新な誘い文句」3つ

文・塚田牧夫 —
セックスレスは一度陥ってしまうと、なかなか抜け出すことはできません。それが原因で、破局を迎えることもあり得ます。でも、なかにはふとしたキッカケで修復されることもあるよう。そこで今回は“セックスレスが解消した彼の斬新な誘い文句”というテーマで女性のお話をご紹介。お悩みの方はぜひ参考に!

「この券ってまだ有効?」

「彼とは付き合ってもう五年。同棲して一年になります。やっぱり、自然とエッチをする回数も減っていました。一ヶ月に一回すればいいほうかな……。

そんなある日、彼が言いました。“この券ってまだ有効?”って。手には、何か紙切れを握っていました。よく見ると、“エッチ引換券(1回分)”と書いてあるチケットのようなものでした。

それはかつて、彼とまだ付き合って間もないころ、彼の誕生日プレゼントと一緒に渡したものでした。肩たたき券、みたいなものです。

どっからか引っ張り出してきたんですね。懐かしかった。その日は昔の気分を思い出して、エッチできました」ハルカ(仮名)/31歳

鼻こよりで「対決しよう」

「ソファでウトウトしていたら、鼻の辺りにムズムズ感を覚えました。ハッと起きたら、彼が目の前にいて、ティシュで作ったこよりで私の鼻をいじってるんです。

ムカついてやり返そうとしたら、彼が“対決しよう”って言うんです。で、私もこよりを作って、彼の鼻に入れてやりました。彼も私の鼻を攻撃。鼻こより対決です。

表情も面白いし、大笑いしながらやってました。するといつの間に手とか握り合って、そのままいい雰囲気になっていきました。

あれが果たしてエッチのお誘いだったのかどうかは分からないけど、こより対決は雰囲気作りにはいいかもしれません」ハズキ(仮名)/31歳

「手術を受けようと思う」

「週末は彼の家で過ごすことが多いんですが、エッチのほうはまるっきりしなくなっていました。ある日の夜、私が夕飯を作って、二人でそれを食べ終えたときでした。

彼が言いました。“手術を受けようと思う”。真剣な表情で言うので、深刻な症状なんだと思いました。それで、どこが悪いのか尋ねたんです。すると、“包茎の……”と言うんです。

はあ? と思いました。でも、その原因は私にあったようでした。全然覚えていないんですが、以前に“包茎のくせに……”という言葉を浴びせたらしいです。酔っていたのかもしれません……。

だとしても、悪いのは私。すぐに謝罪しました。彼が私に手を出してこなくなったのには、そういう理由があったわけです。そこでなんとか和解。仲直りのエッチをしました」カエデ(仮名)/29歳

“セックスレスが解消した彼の斬新な誘い文句”をご紹介しました。

誘い文句……とは言えないようなものもありましたが、こういった言葉をキッカケに修復できるという参考にはなったはずです。なんにせよ、普段の生活に、いつもとはちょっと違う要素を加えてみることは大事なようです。

#恋愛 記事、
#ちょっとエッチな記事 もチェック……!?

ダイエットしてるのに、全然変化が見られない…そんなあなたは今すぐチェック! – PR
(C) 4 PM production / Shutterstock
(C) Maria Svetlychnaja / Shutterstock
(C) silverkblackstock / Shutterstock