アンアンからニュースを配信します!

山田孝之が菅田将暉を意識した「そば、そうめん、冷やし中華」事件とは?

2018.7.29
映画にドラマに歌にプロデュース業に、多方面すぎるほどの活躍を見せる山田孝之さんと菅田将暉さん。この夏注目のドラマ『dele』で、俳優としてW主演を果たすふたりの相性とは。

山田さん&菅田さんに、“相性” をテーマにした共通の質問にお答えいただきました。同じQだからこそ見えてくる考え方の違いや、意外なところで通じ合っているふたりの姿が浮き彫りに…!?

山田さん×菅田さんの相性を分析すると、どんな関係ですか?

山田孝之

山田孝之:ちょうどよい距離感を保てる関係。
共演者としての相性は、いいと思いますよ。僕は自分のペースでしか動かないような人が苦手なんですけど、彼はほどよく気をつかってくれるので。かまってほしいときと、そっとしておいてほしいときを何となくわかっている気がします。

菅田将暉:僕からすれば、山田さんは刺激的な存在。
何度か共演して飲んだり話すうちに、山田さんはどうかわからないけど、僕は刺激的な関係だと思った。いつも何かしらのヒントをくれるんです。ちなみに、初対面での山田さんの印象は、何を考えてるかわからないでっかい塊でした(笑)。

今回のドラマ収録中に相手との相性を意識した場面は?

菅田将暉

山田孝之:「そば、そうめん、冷やし中華」の三択。
暑い日のロケ中に、僕が「そば、そうめん、冷やし中華」って言ったら、菅田くんは「そうめん」って答えたんです。ちなみに僕は「冷やし中華」の気分だったんですけどね(笑)。そののち、彼は前日に冷やし中華を食べてたことがわかりました。

菅田将暉:待ち時間の山田さんの話が面白すぎる!
待ち時間の会話で意識するかも。今日も撮影現場に蟻がいっぱいいてふたりで見てたら、山田さんが「こいつらこのスピードで周りを見て判断してるって、動体視力すごくない?」と言い出して。山田さんの話が面白くて、僕はいつも大爆笑!

ドラマ「dele」内での、ご自分と役柄との相性はどうですか?

山田孝之:感覚的に近いところはあるのかな。
セリフのリズムをつかむのが難しかったりするのですが、圭司の考えや振る舞いは、感覚的に近いところがあるかもしれません。といっても「なんでこういう考え方になっちゃうんだろう?」って疑問に思うことももちろんありますけど。

菅田将暉:演じていて否定するところがないですね。
僕と真柴祐太郎の家庭環境が違うので理解しにくいですが、彼には、動物や植物など、生き物の“あたたかみ”みたいなものを大事にできるところがある。演じていても否定するところがないということは、相性はいいんじゃないかな。

山田孝之さん 1983年10月20日生まれ、鹿児島県出身。1999年にドラマ『サイコメトラーEIJI2』で俳優デビュー。主演映画『50回目のファーストキス』が公開中。また、同じく主演を務める映画『ハード・コア』が2018年公開予定。

菅田将暉さん 1993年2月21日生まれ、大阪府出身。2009年にドラマ『仮面ライダーW』で俳優デビュー。現在はミュージシャンとしても活躍。8月17日公開の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』では、前作に引き続き志村新八役を務める。

金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』 デジタルデバイスに遺された“不都合な記録”をめぐる、1話完結型の人間ドラマ。小説家の本多孝好が、完全オリジナルドラマの原案&脚本に初挑戦していることでも話題に。ほかにも金城一紀、瀧本智行、青島武、渡辺雄介、徳永富彦などが各話の脚本を担当。コムアイ(水曜日のカンパネラ)、野田洋次郎など多彩なゲストにも注目。7月27日(金)スタート。テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く

※『anan』2018年8月1日号より。写真・吉田 崇(まきうらオフィス) スタイリスト・澤田石和寛(SEPT/山田さん) 二宮ちえ(菅田さん) ヘア&メイク・灯(山田さん) HORI(BE NATURAL/菅田さん) 取材、文・兵藤育子 若山あや

(by anan編集部)

#タレント記事をさらにチェック!
#悩み記事をさらに覗いてみる!
私も馬のオーナーに!あこがれのバヌーシー体験