平野 秀美

秋も花柄人気が続く…! 男から「愛される」花柄着こなしコーデ7選

2018.9.11
9月に入りめっきり秋色に染まってきたヨーロッパ。花柄(フローラル柄)トレンドはまだまだ続いているようです。本日はストリートスナップで見たかわいい花柄の着こなし術を紹介いたします。

やっぱりポピーは大人気! 大人っぽく見せるテクニックがここにあり

anan20-01

日本でも大人気のポピー柄、世界でも人気ですが、ポピーはどうしてもかわいく見えすぎる傾向があるんですよね。しかしベースの色を、落ち着いたダークカラーにすることによって大人っぽさを保てます。

また、このような発色の良い色は強いかっこいい印象を与えるので、ポピーのかわいらしさを薄めてくれつつ、たっぷりと全体に描かれたポピー柄が、女性らしさを強調してくれています。

一瞬花柄とわからないのがいいんです、ここがポイント!

anan20-02

ひと目で花柄とわかるデザインが世の中にたくさんありますが、花柄とはわかりにくいデザインって、意外と探すのが難しいんですよね。人と被ることも少ないので自分らしさを出しながらも、女性らしい。どんな柄のワンピースにしようかとお悩みの方には、ぜひ花柄に見えづらい柄をチョイスしてみてはいかがですか?

全身たっぷり花柄で! でも、嫌みに見えないのが花柄の良さ。

anan20-05

ジャンプスーツで全身を花柄スタイルにしたいなら、この写真のように小さすぎず大きすぎない柄が一番もってこい! 花柄が小さすぎるといまいち女子力アップには繋がらず、花柄が大きすぎると実はスタイルが悪く見えてしまうこともあるんです。

ちょうどいいくらいの大きさの柄があれば、全身花柄に挑戦してみたい! ヨーロッパでは、秋もまだまだ全身花柄が人気です。

モノトーンカラーで上品さをプラス。シックに美的に決める

anan20-06

カラフルな花柄はかわいらしさを強調してくれ、単色の花柄はシックに大人っぽさを演出してくれます。単色だと全体とのバランスも調整しやすいので、幅広い年齢層の方に人気。スウェーデンでは、特によく見ました。

小さな花柄、大きな花柄! ワンピースならかわいいが強調される。

anan20-03

先ほどはちょうどいいサイズの花柄がいいとお話しましたが、これに当てはまるのはジャンプスーツの場合だけ。ワンピースでは、小さな花柄も大きな花柄も、かわいらしさがさらに強調されて、男性ウケ抜群なんです。

また、肩出しや胸もとをぱっくりと開けることで、セクシーさがプラスされ、大人っぽいスタイルに。ひと工夫されたワンピースだと、よりスタイル良く見えます。

異なる花柄を全身に。難易度の高いスタイルにも秋は挑戦してみたい!

anan20-04

簡単に着こなしているように見えますが、意外と難しいのが、サイズの異なる花柄を全身に用いたスタイル。強すぎないカラーを選んで、上下のバランスを保っていたり、色をあまり使用しない花柄をピックアップしているところがさすがです。

花柄でも色が多すぎると、色のバランスが取りにくくなるので、全身異なる花柄を使用する際は、どちらかを単色の柄にすると、より着こなしやすくなります。ぜひこの秋はチャレンジしてみてください。

いかがでしたか? 花柄は春夏の印象を受けますが、実は1年中使えるんですよ。まだまだ暑かったり涼しくなったりする季節ですが、上手に花柄を選んで女子力アップしてみてください! 男性ウケはかなりいい柄ですよ。

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。