不倫を認めながら同棲… 28歳女性が身勝手な彼を後悔させた「衝撃の復讐行為」【後編】

文・塚田牧夫 — 2022.8.6
七菜香さん(仮名・28歳)は、かつて同棲をしていた智樹さん(仮名)と婚約関係にありました。しかし、智樹さんが地元の同窓会に参加し、7年交際していた元カノの美和さん(仮名)と再会。関係を疑い、智樹さんのLINEを覗いた七菜香さんは、浮気の証拠となる会話を見つけてしまいます。そこからさらに、とんでもない展開に発展していったそう。何があったのか詳しくうかがいました。

浮気相手は人妻だった

「智樹のLINEを覗いた翌日の夜です。仕事から帰ってきたところで、浮気を問い詰めました。やり取りしているスマホ画面の写真も撮っていたので、それを見せると、観念したようでした。

まずは私を“最低だな”と責めて、次にとんでもない発言が飛び出しました。“彼女はもう結婚しているから”と。なんと、美和さんは人妻だったのです。

“いろいろ夫のことで悩んでいたから、相談にのるうちに関係をもってしまった”と言うんです。でもそれって不倫じゃないですか。余計に許せないですよね。さらに、私に対して“彼女と別れるつもりはない”と言いました」

すぐに「別れる」とは言えずに

「智樹はさらに、“別れたら彼女が可哀そう”とも言いました。“いい関係が築けている”と。“だから別れない”と言うんです。

“だったら私との関係はどうなるんだ”と尋ねました。すると、“七菜香はどうせ俺とは別れられないだろ”と言ってきて。完全になめられていると感じましたね。

でもそこで私も、すぐに“別れる”と言えませんでした。いろいろ頭のなかで葛藤して、口に出すのを躊躇してしまったんです。悔しかったですね…」

浮気相手の夫の連絡先を入手

「結局、彼の不倫を認めつつ、同棲を続ける形になりました。そのことを、智樹と共通の友人であるユキちゃん(仮名)に相談したんです。

そこで、“絶対別れたほうがいい”と言われたんですが、それでも私は彼にその言葉を切り出すことができませんでした。そこで私は、智樹と美和さんがどうしても別れなければいけない状況になるよう、行動することにしました。

まずはユキちゃんにお願いして、智樹の友人をたどってもらい、美和さんの夫の連絡先を入手しました。そして、美和さんが私の彼氏と不倫していることを告げたんです」

地元の友人たちにも噂が広まり…

「私が美和さんの夫に話したことは、すぐに智樹にも伝わりました。美和さんの夫から、智樹に連絡がいったのです。そして私に対して、“何してんだよ!”とブチギレ。私はとりあえず家を出て、実家に避難しました。

そこから智樹は、美和さんの夫に慰謝料などを請求されたそうです。ユキちゃんの情報によれば、地元の友人たちのあいだにも不倫の噂が広まり、誰からも相手にされなくなったそう。

2か月ほどは、同棲していた家はそのまま放置していたんですが、その後引っ越しするとなったとき、智樹とも少し話をしました。

かなり疲弊し切っている様子で、“やり直したい”と言われたんです。でも、もうその言葉にまったく感情は動かなかったですね。智樹に対する気持ちはもうないんだ実感しました。

今は完全に連絡を断っていて、彼とは一切関わりはないです。過去の苦い経験として、これからの人生に活かしていけたらいいなと思います」


七菜香さんの彼が不倫するまでの経緯とは… 前編に続きます



“同棲中の彼に浮気をされた女性の告白”をご紹介しました。

彼女に自分の不倫を認めさせた上で、関係を続けていこうとする人もいるようです。そんな人からは友人たちが離れて行くのも当然。何もかもを失って、やっと彼女の大切さに気づいたときにはもう遅かったのですね。彼女だけでなく友人も失う可能性がある不倫は、やはりするべきではないでしょう。

©Trevor Williams/THEPALMER/gettyimages