恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

お尻でポヨヨ~ン♡ 男が「もっと触って」と思ったボディタッチ4つ

文・塚田牧夫 — 2020.3.17
ボディタッチは、男女の距離を縮めるのに有効なものです。でも、触って嫌がられたらどうしよう……と考えてしまうことはありますよね。では、どんなタッチが好まれるのでしょう。男性たちに、“もっと触って、と思ったボディタッチ”について聞いてみたのでご紹介します!

頬をつねる

「気になっている女の子とデートしたとき。公園を歩いているときに、枯れ葉が彼女の頭にのっかったんです。けど、それを黙っていました。

すると、トイレに行ったときに気付いたらしく、“なんで言ってくれなかったの?”と。“イジワル~”と頬をつねられ……。それが結構良くて、もっと意地悪したくなりました」シン(仮名)/27歳

痛みの伴うボディタッチですが、この流れであれば嫌がられないでしょう。むしろ、和気あいあいとして、楽しげな雰囲気が伝わってきます。

出っ張ったお腹に

shutterstock_142243774

「僕は、ぽっちゃりというか、完全に太っています。そして、ポッコリお腹が出ている。そんなお腹を、女の子たちがよく触ってきます。

僕も“やめろ”とは言うものの、本当はもっと触って欲しい。だから、痩せたくはないですね」シュウヤ(仮名)/30歳

プヨッと出っ張ったお腹って、案外触り心地が良かったりしますよね。男性としては、それもひとつの武器なのかもしれません。ただ、本当にコンプレックスを抱いているようなら、しつこく触らないほうがいいですね。

指先でアゴを

「バーに飲みに行ったとき、色っぽいお姉さんと知り合いになりました。かなり酔っていて、“可愛いね”とか言ってくるんです。

そして、俺のアゴに指を添えて、クイッと上げてきて……。キスかと思ってドキドキしました。でも、結局何もしてくれなかったんです。もっとして……と心のなかでは思ってましたね」リキ(仮名)/24歳

いわゆる「アゴクイ」というやつですね。キスを期待させる、大胆なボディタッチ。男性もやられるとドキッとするようです。

お尻に敷かれる

shutterstock_194729402

「飲み会に行ったとき。隣に座ってた女の子が、トイレから戻ってきたときでした。俺は座敷席の座布団に手をついていたのですが、その子が腰を下ろしたとき、彼女のお尻の下敷きになってしまって。

“大丈夫!?”と彼女は焦ってたんですが、お尻のポヨヨ~ンとした柔らかさが伝わってきて、ドキッとしました。正直、もっとはさんでほしくなりました」アキラ(仮名)/25歳

お尻は柔らかいお肉が付いているので、触り心地がいいですね。男性も、本心では触りたいでしょう。ただ、あからさまに押し付けるわけにはいきません。こういった事故を装って、自然に行いましょう。

“男がもっと触ってと思ったボディタッチ”をご紹介しました。

やはり、あからさまなものではなく、自然なタッチが好まれるようです。そんな状況を上手く作ることも、ボディタッチの極意のひとつ。ボディタッチは、簡単なようで奥が深いのです。

©theshots.co/shutterstock
© Discovod/shutterstock
© imtmphoto/shutterstock