キスしちゃおうかな…♡ デート中「見つめ合ったとき」男が思うコト4つ

文・塚田牧夫 — 2020.7.5
男性とのデート中は見つめ合う場面もあるでしょう。そういうとき、相手が何を考えているのか、気になりますよね? 今回は、“デート中、見つめ合ったときに思うこと”について、男性たちに話を聞いてみました。

「男慣れしている」

「飲み会で知り合った女の子に興味が沸いたので、食事に誘ってみたんです。お酒を飲みながら食事をしていたら、目が合ってしばらく見つめ合ったんですね。

向こうがジッとこっちを見ている様子から、この子は男慣れしている……と思いました。自分に自信があるんだろうなって思っちゃいました」ヒロム(仮名)/28歳

一般的な女子なら「恥ずかしい」と言って、目を伏せそうな場面ですよね。そこでジッと見つめ返してくるようだと、男慣れしているという印象を持たれることもあるようです。

「メイク濃いな…」

「元カノが、メイクの濃いタイプだったんです。その影響もあり、女の子と見つめ合うような場面では、メイクを見てしまうんです。

マスカラを落としたら目が小さいのかな……ファンデーションが寄ってるな……など、どうしても批判的に見てしまう癖があるんです」イッセイ(仮名)/29歳

女性のメイクに対して敏感な男性もいます。主に、すっぴんになったときの様子を想像してしまうようです。彼と親しくなるまでは、派手なメイクは抑えた方が良さそうですね。

「キスしたい」

「僕は見つめ合ったら、キスしたくなっちゃいますね。ジッと相手を見つめながら近付いてみて、彼女が引かないなら、もう大丈夫でしょう。そのままキスしちゃいます」マサキ(仮名)/25歳

見つめ合うシーンは、キスのチャンスだと捉える男性も多いです。確かに、嫌な相手と長く見つめ合ったりはしませんよね。相手の気持ちを探るのに適した行動なのかもしれません。

「逃げなきゃ」

「年上の女性と、軽い気持ちで飲みに行ったとき。向かい合った席で、ふと目が合ったんですね。その眼光の鋭いこと……。目ヂカラが半端ない。

このままだとお持ち帰りされる……と本能的に思いました。なんとか会話をそらして、早めに帰りました」タク(仮名)/26歳

軽い気持ちでふたりきりになったら、思いのほか相手が本気だったようですね。見つめすぎると相手が引いてしまうかもしれないので、ほどほどにしておくべきでしょう。

“デート中に見つめ合ったとき男が密かに思うこと”をご紹介しました。

目が合ったとき、その目を反らすべきか、反らさずにいるべきか、一瞬の判断を問われることもあるでしょう。今回ご紹介した事例を参考に、次の行動を考えてくださいね。

©helenaak/Gettyimages
©fizkes/shutterstock