恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

自分の子どもを使って…!? 不倫相手の妻からの「衝撃の復讐」3つ

文・上岡史奈 — 2020.2.11
不倫は、盛り上がっているときは楽しいですが、相手の奥さんにバレたら悲惨な結末となって後悔する女性が多いのです。今回は、不倫相手の妻から復讐された女性の話をご紹介します。幸せに成就する不倫なんて滅多にありません。その哀しい例をご覧ください。

・勤務先へ友達を使ってクレーム攻撃

shutterstock_712288282

「カフェで働いていたのですが、やたら私あてのクレームが入るようになりました。本部にもメールや電話で苦情が送られることも何回かあったようです。彼が奥さんを問い詰めたら、奥さんが友達に頼んでやっていたらしく、さらには『あんたが不倫してるから悪いんだ!』と開き直られたそうです。事情が事情なので会社にも本当のことを言えず、結局私が転職するハメになりました」(31歳/飲食店勤務)

不倫相手の奥さんから嫌がらせを受けた場合、内容によっては警察に相談に行ったほうがいい場合もあります。しかし、彼には「穏便に済ませたい」と言われることが多く、独身女性は泣き寝入りしかできないことがほとんど。こういったトラブルに巻き込まれることを覚悟できないのなら、最初から人に恨まれるようなことはしないのが一番ですよ。

・探偵を雇って調べられ、わざわざ実家に内容証明を送られた

shutterstock_1207103962

「不倫していた彼の奥さんが探偵を雇って私のことを調べたらしく、内容証明郵便で慰謝料請求をしてきたんです。しかも私の家じゃなくて実家宛に! わざと私の親にバレるように狙って送ったんだと思いますが、怪しんだ親が勝手に封筒を開けて……大変なことになりました」(26歳/医療関係勤務)

内容証明が実家ではなく会社に届いた、というケースもしばしば聞きます。どんな事情があるにせよ、独身女性の立場は弱いもの。いざとなっても、不倫彼氏は全く役に立ちません。

・子どもを使って不倫を暴露

shutterstock_1202588521

「同じ会社の上司と付き合っていたのですが、奥さんにはバレていたようです。会社のBBQがあったとき、彼の息子が私の側にやってきて『おばちゃん、パパと付き合ってるんでしょ』って大声で叫ばれたんです。周りはハッとした顔で見るし、慌てて否定したけれど会社中に噂が広まってしまいました」(25歳/金融関係会社勤務)

これは、周囲も薄々気付いていたのでしょうね。なんと、子どもを使って不倫相手へ嫌がらせや復讐をすることもあるようです……。不倫で楽しいのは本人たちだけ。その裏では、子どもももちろん、傷つく人が必ずいるということを忘れてはいけません。

2人きりのときは恋人気分でも、現実に戻れば不倫は不倫。バレずに美味しい思いだけをしようとすると、どこかでツケが回ってくるのでしょう。コソコソと付き合って誰かに恨まれるような恋愛よりも、堂々と付き合える恋愛のほうが、自分にとっても心地がいいはず。いくら婚活で焦ったとしても、不倫はしないのが一番です。

無題

15秒でプロ脱帽のネイルアート!? いまなら無料で体験!

©fizkes/shutterstock