恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

勘弁してよ…男が騙された「彼女からのドッキリLINE」3選

文・塚田牧夫 — 2019.2.20
大好きな彼に対して、ちょっと意地悪したくなることがあると思います。その反応を見て楽しむこともあるでしょう。特に、付き合いが長くなると、そういった遊び心が良いアクセントになります。そこで今回は、“まんまと騙された彼女のドッキリLINE”というテーマで男性たちに聞いた話をご紹介します。

「実は同じ車両にいます」

「日曜日。用事があって出かけた帰り、電車に乗っていました。ラーメン特集みたいな雑誌の中吊り広告があって、それを眺めていたんですね。そこで、彼女からLINEが入りました。

“なんかラーメン食べたくなっちゃった”と。なんという奇遇。深く繋がってる感じがして、嬉しかったんです。

それだけじゃありません。駅で停車したとき、僕の目に前に座ってた人がパッと立って降りていった。座れてラッキー。するとまた彼女からLINE。“今日は私、ちょっとついてて”と言うんです。まさか、運気まで同じとは!

感動しましたよ。しかしそこで“実は同じ車両にいます”とLINEが。顔を上げたら、彼女が斜め前辺りに座っていました。僕の行動をずっと見ていたようです。

なんだ……ってガッカリしたけど、同じ電車の同じ車両に乗ってるというのも、なかなかの偶然ですよね」ライタ(仮名)/29歳

有名人からの「誕生日おめでとう」

「僕の誕生日。彼女とは夜に会う約束をしていました。ところが、昼間に急に“誕生日おめでとう”というLINEがきたんです。なんでこんな中途半端な時間に……と思いました。

そこで“××からだよ”って言うんです。××というのは、僕が好きなアイドルグループのメンバー。本人からのメッセージ? そんなわけない……と思うじゃないですか。

すると、彼女とのツーショット写真が送られてきた。本物だ!と、テンションが上がりました。

夜、彼女に会ったんですね。“あれ、実はソックリさん”って言うんです。なんか、すごく似ている友だちがいるらしい。いや、僕が見ても分からなかったから、かなりのレベル。

こんなに可愛い友だちがいるのか……と一瞬心が揺らいでしまいました(笑)」シンヤ(仮名)/28歳

「…っていうLINEどう思う?」

「彼女と軽くケンカをした翌日です。彼女からLINEがきたんです。開いてみると、これがかなりの長文。パッと見て、“別れたい”みたいな文字が目に入ったので焦りました。

ケンカなんてしょっちゅうだし、まさか……と思いました。しかし、読んでみるとかなり本気の様子。いよいよヤバい……。

途中まで読んだところで、またメッセージが入りました。“……ってLINEどう思う?”と言うんですね。意味が分からず、目が点ですよ。

なんか、男友だちに恋愛相談を受けたらしく、その人が彼女から受け取った深刻な内容のLINEを転送して、僕に感想を求めていただけでした。それを最初に言って欲しいですね。紛らわしい……」ヤストシ(仮名)/31歳

“男がまんまと騙された彼女のドッキリLINE”をご紹介しました。

可愛いイタズラであれば、彼氏も許してくれるでしょう。むしろ、関係を長続きさせるための良いスパイスにもなります。ちょっとした遊び心は大切にしたいですね。

男女のLINE-をもっと覗き見-_バナー
セックス-記事も読む-_バナー


みんなで始めればもっと楽しい。地球にやさしい選択(クールチョイス)。 – PR

© Halfpoint / shutterstock
© Elnur / shutterstock
© / shutterstock