すぐフラれる・すぐ別れる…次の恋を長続きさせるための3つの秘訣

文・山口恵理香 — 2018.11.11
毎回毎回、同じ恋愛パターンを繰り返している女子って多いですよね? 自覚なくダメンズばかり掴まえて辛い思いをするだとか、尽くし過ぎて気づけば「重いんだよ」と言われてフラれているだとか……。 そろそろ反省して、その負のループから抜け出さないと、幸せな結婚は難しいかも……!? そこで今回は、“恋愛で2度と失敗しないための3つの心構え” をご紹介します。

1.これまでの恋愛を分析する

「仕事は完璧にこなせるんだけど、恋愛になるともうダメ! 付き合う相手は毎回ダメンズだし、周りからも『また別れたの?』とバカにされるようになって……、ストレスフルな状態が続いていました。なんでだろう?と考えたところ、彼氏を作らなくちゃ!という焦りから、冷静な判断ができていないことに気づいたんです。周りの女友達が結婚していく中、自分だけフリーでいるなんてばかばかしいと思えてきて……。原因がわかってからは、ダメンズに引っかかることもなく、今はしっかりと結婚を前提にお付き合いしている人がいます」佐藤由紀子(仮名)/27歳

仕事で何度も何度も同じミスを繰り返していると、信用を失います。それは恋愛においても同じで、いつまでも同じ失敗を繰り返していては、周囲から呆れられてしまうでしょう。「あんた、しっかりしなよ」と怒られる前に、軌道修正が必要です。

新しい男性を探すよりも、まずはこれまでの恋愛を振り返り、失敗の原因を自分なりに分析してみましょう。

同じ“フラれた”でも、“重い女”になって愛想尽かされた場合と、仕事が忙しく恋愛に割く時間を捻出できずすれ違いが生まれた場合とでは、見直すべきポイントは大きく異なります。

新しい出会いを求めて合コンに行くくらいなら、その時間1人でカフェにでも入って反省会を開きましょう!

2.「恋愛体質」を改善すべし

「学生時代は、とにかく恋愛第一! 彼と少しの時間連絡がとれなくなっただけで、不安になって彼の部屋へGO(笑)彼の携帯を見て泣きわめいたり、行方をくらまし彼に探させたり……。思い出すだけで恥ずかしい……(笑)今となっては、彼に申し訳ない気持ちでいっぱいです。そんな私でしたが、ふとこのままじゃダメだって思った瞬間があって、そこからは学業とサークル活動に専念。大学を卒業間近にできた彼氏とは、今も交際が続いています」北島里美(仮名)/26歳

生活の中心が“恋愛”となり、知らず知らずのうちに男性を束縛し、疲れさせてしまう女性っていますよね。

そもそも男性は、“自由でいたい”という人がほとんどです。恋を長続きさせたいのであれば、まず“恋愛体質”を改善しなければいけません。恋愛一色になってしまうから、男たちが逃げていくのです。

効果的なのは、恋愛以外に寄りかかれる場所をたくさん作ること。楽しいと思える仕事や新しい趣味を持つと、恋愛とのバランスがとれて良いでしょう。

3.「なんとなく」で付き合わない

「恋人とうまくいっていないときに、別の男性からアタックされ、とりあえずその人に乗り換えてみることに……。だけど結局無理だった(笑)。一緒に過ごすほど、ルックス含め何もかも生理的に無理になってきて、待ち合わせ場所で彼がこっちへ向かってくるときも『あれが私の彼氏か……』なんて失礼なことを考えていました。自分も好きっていうのは超大事!」田中奈々(仮名)/27歳

“何となく”で付き合ってしまい、後々「やっぱり好きじゃない!」と後悔した、という話はよく聞きますよね。

自分も“ある程度好きな相手”でないと、恋人関係を継続していくのは厳しいでしょう。

たとえ、恋人とうまくいっていないときや、フリーのときに猛プッシュされたとしても、相手に対して少しでも違和感を覚える場合は、それ以上関係を進めてはいけません。ただ1人でいるのが嫌で付き合った、そんな恋がうまくいくのは稀なのです。

恋愛で2度と失敗したくないのであれば、しっかりと時間をとって失敗した原因を分析すること。十分に振り返ることなく行動しても、また同じ道を歩む羽目になるでしょう。

過去の恋愛から目を背けず、素敵な恋をゲットしましょう。

#恋愛 記事、
#エッチな記事 もチェック……!?

『あなたは大丈夫…?男が吸い付きたくなる「モチぷる肌」♡』


©ARido / Shutterstock
©Bartashevich Karyna / Shutterstock
©Svitlana Sokolova / Shutterstock

※2017年4月6日作成

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。