【Keiko月星座占い】牡羊座は年内のイメチェンで運気UP!? 牡牛座&双子座は?

2021.10.11
「2022年は個性無くして生きられない時代に突入する」と語るルナロジー創始者のKeikoさん、ラスト3か月はその答えを見つけるための最終準備期間なのだとか。自分らしさを開花させるヒントを月星座別に教えてくれました。今回は、牡羊座、牡牛座、双子座を紹介します。
kani
tsukiseiza

月星座 牡羊座

考えるより、まず動く。そして獲物をつかみとる!

【本当の自分】
深く考えず、パッと行動に移したことはうまくいくのに、周りの意見を聞き、熟考のうえで下した決断は、いま一つの結果になりがち……。それもそのはず。あなたの引き寄せ力は野性的な直感から生まれるから。「ここだ!」と思った瞬間に誰よりも先にチャンスをつかみとる。人目を気にして逡巡したり、損得勘定をしていると、圧倒的に出遅れるのです。

本来の自分に還りたいなら、そのことを自覚して、野性的本能をもっと活用していくこと。考える前に走り出す、猫をかぶるのをやめて時には戦いにも挑む。そんなファイターのような振る舞いを意識することで、本来の引き寄せ力が発動します。特に未知の領域をトップで独走する時のあなたに敵う者はまずいないでしょう。

【開花ポイント】
“当たって砕けろ”がモットーのあなたですが、恋愛に関してはほんの少し駆け引きが必要。とはいえ、付け焼き刃のモテテクニックは不似合い。もっと勘を研ぎ澄ましましょう。意味深なメッセージを送った後は、勢いで畳みかけるのではなく、相手の出方をうかがう一瞬の“間”を作って。相手の微細な反応を見逃さなければ、次に取るべき行動がわかるはず。

それに対し、金脈を引き寄せるには、環境選びがすべて。「やり方は問わないので、結果さえ出せばOK」という自由な環境であるほど、お金を生み出せます。もしも今、自分の裁量では進められない息苦しい職場なら、早々に転職の検討を。場所を変えたほうが成功のスピードも速く、報酬の額面も格段に増えるでしょう。

【変容スイッチ】
竹を割ったようなさっぱりした性格が持ち味のあなたですが、年内3か月間はあえてガラリと方向転換。あなたの中のセクシュアルな部分を意識してみましょう。女性として魅力的に見える振る舞いを研究したり、自分がどんなセックスを求めているのかを、改めて考えてみるのもおすすめ。そうしてほんの少しの憂いが加わったあなたの愛とお金の吸引力は、一気に上昇します。

・アイテム
上質なランジェリー、パイソン柄の小物

・アクション
官能小説やDVDを鑑賞する、寝具を新調する

月星座 牡牛座

五感を研ぎ澄まし、愛もお金も価値ある本物だけを!

【本当の自分】
月星座・牡牛座のあなたは鋭敏な五感の持ち主。視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚という5つのチャンネルから仕入れた情報で多角的に物事を判断できるため、選択を誤ることはまずありません。五感の中でも特に秀でている感覚があるはずなので、どれが得意かを早めに見極めておくと、伸ばすべきスキルや取り組むべき分野がより明確になるでしょう。

ただしこの引き寄せ力は、都会など無機質な環境にいると発揮しづらいのが難点。そのため運が落ちていると感じる時ほど、定期的に自然の多い場所に出かけて、五感をチューニングして。本来の伸びやかな引き寄せ力が戻ってきて、お金を生みそうなビジネスや本物の愛の在り処をしっかりと見極めることができるはずです。

【開花ポイント】
本物を知るあなたには、イミテーションのような遊びの恋は似合いません。「これぞ」という本物の愛を厳選して味わうこと。真贋を見極める基準は、沈黙が心地いいと感じられる相手であるかどうか。その点をクリアできれば信頼できそう。また価値観が似ていることも大事。日用品でどこにお金をかけるかがジャッジポイントに。

お金を引き寄せるなら、「これはあなたにしかできない」「あなたのものだから買いたい」というファンを作ること。自分の携わる分野で人間国宝的な存在になることを目標にしましょう。あなたに薄利多売は似合いません。値付けの際は相応の価格をつけてOK。わかる人にはわかる、価値あるものを取り扱うことで、一気にリッチになれるでしょう。

【変容スイッチ】
基本的に変化を望まないあなたですが、真の変容を遂げたいのであれば、あえて知らない世界をのぞいて、これまでの価値観を大きく揺さぶってみましょう。特に海外と接点を持つことは、あなたの引き寄せ力を劇的に開花。持ち前の才能と海外のトレンドがブレンドされて、ビッグチャンスに結びつくことも。英語圏ではなくてもOK。気になる国のことをより深く探ってみましょう。

・アイテム
海外ブランドの日用品、ハードカバーの本

・アクション
外国語の動画を観る、アウトドアレジャーへ行く

月星座 双子座

好奇心のままに動くほど、次々とチャンスが舞い込む!

【本当の自分】
「知りたい!」という思いを原動力に生きているのが、月星座・双子座のあなた。毎日新しいものを見聞きする喜びが、引き寄せ力の原点です。マンネリの生活を送っているとそれが発揮できません。まずは気になるセミナーや講座などに参加してみて。次に興味の惹かれるテーマが自ずと湧き上がってくるはず。そこで知り合った人が新たな情報をくれたり、人脈の拡大につながったり。こうして、お金を生む仕事や、恋愛の縁をつないでいくのが、あなたの引き寄せ王道パターン。

また一つを極めるより複数を同時並行して進めたほうが、持ち味が活きます。人生に行き詰まったら、異なる2つをブレンドする、足して2で割る、リバーシブルで使うなど柔軟な発想がヒントに。

【開花ポイント】
変化の多い日々を過ごすことが引き寄せ力を発動させるコツ。愛を求めているなら、「定番を作らない」を意識してみましょう。例えば、毎日行くコンビニを変える、いろいろなフレーバーのコーヒーを楽しむなど、一日の中でも小さな変化をつけて。大事なのは自分を飽きさせないこと。その軽やかな波動が新しい愛を呼んできます。

またインプット・アウトプットは同量になるよう意識することがポイント。特にお金を引き寄せたいのなら、何かしらの自己発信ツールを持つことが必要不可欠。SNSで発信するほか、聞いた話を人に教えるのでもOK。そういう意味では、生きた情報の出し入れを頻繁に行える「雑談」はあなたの引き寄せ力を活性化させる最高の時間になります。

【変容スイッチ】
「石の上にも3年」どころか、「石の上に3分以上じっとしていたら死んでしまう!」というのが月星座・双子座のあなた。でも真の変容を遂げたいなら、今期はじっくり腰を落ち着けて何かに取り組む体験を。一押しは茶道や華道、書道など和のお稽古事。座禅や写経体験もおすすめ。静けさにソワソワするのではなく、「味わう」意識が持てるようになると、新たな境地が開けてくるはず。

・アクション
かんざしなどの和小物、アナログ式腕時計

・アクション
ご朱印をもらいに行く、会話の間を楽しむ

keiko

監修 Keikoさん ルナロジー創始者。政財界・芸能界にもファンが多く、ブログ読者は11万人を超える。著作は『自分の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ』『月星座ダイアリー2022』(共に小社刊)のほか多数。

※『anan』2021年10月13日号より。イラスト・DONA 文・説話社

(by anan編集部)

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。