アンアンからニュースを配信します!

稲葉友「渋谷が大嫌いでした」道玄坂を歩くと思い出すこと

2020.1.13
開発が続き、絶え間なく変わり続ける渋谷。信号機、ネオン、工事ランプと、さまざまな光が交差する街で、稲葉友さんとティム・ギャロさんの撮影は行われた。

稲葉友さんと、撮影したティム・ギャロさんに東京についてお話をうかがいました。

渋谷×稲葉友

写真:ティム・ギャロ

Talent

稲葉:渋谷ってずっと工事してますよね(笑)。完成形が見えず、今回の撮影では工事している街の狭間に落とされた感じがしました。

ティム:東京は常に変わり続けているのが魅力だし、愛される理由。でも、変化や成長には不安も伴う。僕には、駅前に広がる歩道橋が街の心臓みたいだと感じられるんです。立ち止まるとすごく揺れるんですよ。それがダイナミックな鼓動のようなんだけど、揺られていると自分を見失いそうにもなる。それでも稲葉さんはブレない、本物の表現者だとファインダーを覗いてわかったから、シャッターを切るのがすごく楽しかったですね。

稲葉:僕も、二人でめちゃくちゃ楽しく撮影してることが嬉しくて笑いが込み上げてきました。

ティム:テンション上がったよね。

稲葉:渋谷は開発の途中で、この先10年、20年と同じ景色は続かないじゃないですか。変化の真っただ中にある渋谷のように、僕がいる業界も、大きく動く過程にあります。配信というかたちが増え、メディアの多様化も起きていて、激動の境目にいる気がします。今ここで頑張らないと居場所がなくなりそう。そんなことも、渋谷を歩きながら考えました。

ティム:映画やドラマなどの映像作品は、配信サイトの登場で、今までは島国の日本の中で「このくらいでOK」とされていた部分も、世界を目指さざるを得なくなってきてますよね。世界の価値観に合わせていくことで、表現が引き締まっていくと思うんです。そうしたカルチャーに注目しています。でも、稲葉さんは自分を持ってる表現者だし、ちゃんと居場所を作ろうとしてるでしょう? 被写体が無防備に自分の感情を出してくれるとこちらも素直に向かっていけるんです。稲葉さんとの撮影は理想的でしたよ。惚れ惚れした!

稲葉:確かに、いろんな感情が自然と湧き出てきました。たとえば、「こんなにたくさん人がいるのに、大切だったあの人はもういないんだな」とか、個人的な感傷もありましたね。

――渋谷での思い出はありますか。

稲葉:高校生の時はよく遊びに来てました。20歳くらいの時は、道玄坂の上にあるお店でバーテンダーのバイトをしてました。俳優の仕事を始めて2~3年経った頃で、店で働くこと自体は楽しかったし好きだったんですけど、当時は、渋谷が大嫌いでした。というのも、夜から朝5時まで働いて店の外に出ると、ゴミの臭いがとにかくキツいんですよ。駅に向かって坂を下りながらいつも「絶対に、売れてやる」って思ってました。今でも、道玄坂を歩くと当時の悔しさだとか、いろいろ思い出します。それにしても渋谷って、全然、統一感がなくて変な街(笑)。

ティム:一番新しくて、一番ハチャメチャな街ですよね(笑)。

稲葉:本当は僕、撮られるのがあまり得意ではないんですけど、今日はティムさんに「この街で感じたまま、そこにいていいよ」と許可してもらえた気がして、すごく居心地がよかったです。

人も景色も動き続ける。東京を象徴する街、渋谷。
若者が憧れ、東京を象徴する街として訪日観光客にも人気の渋谷が、この数年で大人も楽しめる街へと変貌を遂げつつある。2018年には「渋谷ストリーム」「渋谷ブリッジ」、’19年は話題の「渋谷スクランブルスクエア」が開業。昼夜問わず人が集まる。今回、撮影した桜丘町近辺は、’23年に向けて現在も開発が進行中。

いなば・ゆう 1993年1月12日生まれ、神奈川県出身。映画『シライサン』が1/10より全国公開のほか、1/20スタートのドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』(テレビ東京系)に出演が決定している。

ティム・ギャロ 1984 年、ロシア生まれ。イギリス、インド、ロシアで教育を受け、‘04年に来日。香港の写真家Wing Shya氏に師事し、‘14年に独立。雑誌や広告で活躍するほか、数多くの役者のありのままの姿を撮影。

※『anan』2020年1月15日号より。スタイリスト・荒木大輔 ヘア&メイク・松本和也(W) インタビュー、文・小泉咲子

(by anan編集部)

エンタメ-記事をもっと読む-_バナー

池田エライザさんのヘルシービューティのヒミツ