恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

アレを掴んで…愛がめちゃ深まる「交際初期にしたいこと」 #157

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 — 2020.9.14
銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、1秒でも長く彼と一緒にいたいのに、同棲を拒まれてしまった31歳女性。佑雪さんが彼女に欠如している、2人の仲を深める重要なことを伝授します!

【クラブ佑雪】vol. 157

「彼と1秒でも長くいたい…これって迷惑ですか?」

長続き ラブラブ カップル 恋人

佑雪ママ、こんにちは。 いつも、興味深く拝読しています。私と私の好きな人は休みが合いません。ですので、仕事帰りに時間を調整して、彼の家に行くという形をとっていました。ですが、彼から「なんで来たの? 今日はひとりでゆったり、ぐでっとしていたかったのに」と言われてしまいました。

どんなときもそばにいて、支えられたらと思っていますが、彼にそう言ったら、全力で「不必要」と言われる気がします。 彼との距離感が掴めません。 私は1秒でも長く彼のそばにいたい。 だから、毎日でも訪ねたい。本当は、同棲したい。でも、彼は同棲を受け入れてくれません。

彼と1秒でも長く一緒に過ごしたい。これって、彼にとっては迷惑で私のわがままなのでしょうか。どうか、アドバイスをください。

(こはる 32歳未婚 契約社員)

彼との距離感がわからないときは…

anan-web-銀座ママ-1

こはるさん、逸材です!

わたくし感銘を受けました。長年、連載コラムや占いの個人鑑定(今はネットでもやってます)、もちろんリアルの友だちからも、彼との関係性についてお悩みを承ってきましたが、みんな彼に遠慮があるんです。基本、「迷惑だろうな」とか「迷惑と思われたら嫌だな」というのがあって、そのうえで一応、デートも電話で話すのもお相手の都合を聞いてから、邪魔にならない時間で応対してるんです。彼との距離がちょっと遠いというか。

事前に約束もなく、連絡もせず「来ちゃった」は、なかなかない! そんななか、お相手の都合なんてガン無視! ご自身の気持ちに素直に生きているご相談者さまとのエピソードは、わたくしにとって衝撃でございました。当然ながら、彼にとっても新鮮な経験であったことでしょう。

ただ、せっかくそこまでストレートな行動に出たというのに、なぜ、彼に直接聞かないのか。「彼と1秒でも長く一緒に過ごしたい。これって、彼にとっては迷惑で私のわがままなのでしょうか」ということを彼に聞いてみればいいのに、なぜ? もしかして、「なんで来たの?」事件で初めて、彼との間に距離があると気づいてしまったからなのか。だとしたら残念。そのまま突っ走って、聞いちゃえば、こんなに悩むこともなかったのに。

そこからすると、腹も割れない関係のお相手とどうして一緒に暮らそうとまで思えるのか? 何を考えているのかわからない人間と一緒に暮らせる? まあまあ、突き詰めれば、家族といえども何を考えてるかなんて、お互いわからないものではあるけれど、でも、「彼と1秒でも長く一緒に過ごしたい。これって、彼にとっては迷惑で私のわがままなのでしょうか」について話し合うくらいは、本命ならば朝メシ前のはずでは? 違う? そこが不思議。

ご相談者さま、彼とずっと一緒にいたかったら、彼へのアプローチのちぐはぐさ、彼との距離感に対する事実誤認を直していきましょうか。

まずね、男女に限らず、人と人の関係性が深まるにはお互いを知って、その知った実像(と思われるもの)に共感や好意を抱くことが必要なわけですよ。たとえばですよ、倒壊するビルの下敷きになるところを、身を挺して守ってくれたとなれば、見ず知らずの方でも瞬時に、その崇高な精神に敬意と感謝を抱かないわけにはいかないじゃないですか? そんなケースもありますが、やっぱり時間をかけないとわかってもらえない場合もあって。

ご相談者さまは残念ながら、まだ彼に「一緒に住みたい」とか「疲れてても会ってもいい」というほどの信頼や愛情を得られていないんですよね。まずはそこから。「彼との距離が掴めません」とありますが、「掴めません」じゃなくて「掴もうとしてこなかった」のが問題なわけですから。

妄想で勝手につくった距離ではなく、現実として横たわる距離を掴んでください。そうしたうえで、距離を縮めていく。燃え盛る炎の中に飛び込んで、彼の命を救うとか、そういうことがないのであれば、焦って、いきなり、いかにも近そうな距離を演じようとするは禁止! きちっと大人の女性として、彼と向き合って、冷静に腹を割って話すようにしていきましょう。

最初は、まず、彼がどう思っていて、どういう頻度、どういう距離感で一緒にいたいと考えているのかを聞くことから始められてはいかがですか? 千里の道も1歩から! 臆せず、勇気を出して踏み出してくださいね!

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!
銀座『クラブ佑雪』

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)
元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」連載中。

占いによる個人鑑定のお申し込みはこちら


©Marc Romanelli/Gettyimages