好きなこと、話そ!

西田 彩花

色っぽさもキュートさも…『kiss』のアイカラー全5色を解説! #13

2018.6.29
もう7月も目の前。そろそろ夏らしい旬メイクにチェンジしたいところです。夏のアイメイクの良さのひとつに、カラフルな色みを思い切り楽しめるという点があります。オシャレなカラフルアイは、思わず見とれてしまうような魅力が。しかし、普段ブラウンやベージュといった無難なアイカラーを使用している人にとっては、ちょっと敷居が高く感じるかもしれませんね。そこでオススメしたいのが「kiss」の「アクセントアイズ」。一見派手にも見えるパレットなのですが、実際に塗ると浮かないので初心者さんでも使いやすいんです!

「アクセントアイズ」の特徴と基本的な塗り方

全色

【流行命♡トレンド最前線!】vol.13

真ん中のビビットなカラーが特徴的な「kiss アクセントアイズ」。全5色ですが、どれも個性があります。ポーチに入っているだけでテンションが上がりそうな装いですが、パッと見では使いこなすのが難しそう……と思われるかもしれません。しかし、実際には柔らかな発色なので、普段カラフルなアイメイクをしない人でも簡単にオシャレアイをメイクすることができます。

色名

まずは基本的な塗り方をご紹介します。Aのライトカラーをまぶた全体に塗り、Bのミディアムカラーをアイホールにオン。さらに、Cのディープカラーで目のキワを引き締めます。Dはハイライトのような役割を果たすマルチシアーパール。涙袋や下まぶたの目頭部分に乗せましょう。

最後にアクセントカラーのEを下まぶた目尻1/3に細くライン状に引きます。A、B、Cで上まぶたにグラデーションを作り、DとEで下まぶたメイクを完成させる要領です。

AとBが暗めなのでビックリされるかもしれませんが、これが絶妙な色みなんです。まぶたに自然な陰影を付けてくれ、テクニックいらずでデカ目に。Cは暗めカラーですが、アイラインを引くような感覚で使用するのがコツですよ。

逆にDは明るく見えますが、実際に色を乗せるとナチュラルなハイライトカラーといった感じです。ギラギラとした下まぶたメイクにならないので非常に使いやすい。そしてビビットに見えるEですが、こちらはほのかに色付きます。上まぶたに深みのある色みを重ねるので、Eが浮いて見えません。カラフルな色みをさり気なく楽しめる優秀パレットなんですよ。

ここからは、各色の特徴と筆者オススメの塗り方をご紹介していきます! 基本的な塗り方ももちろんオススメですが、ちょっと違った塗り方を知っておくとマンネリ化しにくいですよ。ひとつ持っているだけで使い回せるので、よりメイクを楽しめます。

大人かわいい…! デート用なら断然コレ

01-ヘレネーピンク

「01 ヘレネーピンク」です。真ん中のアクセントカラー以外の色も、若干ピンクがかっています。ただし、甘すぎないダスティピンクといった発色なので、大人かわいさを求めたい人にぜひオススメしたいカラー。女性らしさをアップさせるようなパレットです。

塗り方は前述した基本的な塗り方がオススメ。ほんのりピンクをアクセントにして、カレの視線も釘付けにさせちゃいましょう!

ヘルシーキュート! 大活躍間違いなしの万能色

02-セーグルブラウン

「02 セーグルブラウン画像」です。全体的になじみ良く、ブラウンアイパレットを愛用している人にとっては特に入りやすいパレット。カラフルなアイメイクにも挑戦してみたいけれど難しそう……。そう思っている人はぜひこちらを試してみて。アクセントカラーがコーラルがかっているので、ヘルシーな印象になります。

基本的な塗り方でもOKですし、遊び心を出したいかたはアクセントカラーを下まぶたの目頭から目尻までライン状に引いてみて。チップで細めに引くのがポイントです。まぶた全体に塗っても奇抜にならず、夏らしいかわいさを演出できますよ。

モードすぎない個性が魅力な夏カラー

03-ホットオンミー

こちらのシリーズでは一番鮮やかに見える「03 ホットオンミー」。ライトカラーもミディアムカラーも明るめで、ゴールドっぽい発色になります。ディープカラーがグレーなので、目もとをしっかりと引き締められます。

こちらのパレットはちょっと個性的な塗り方をするのもオススメ。ディープカラーは使わずアイラインでまつ毛の隙間を埋め、目のキワにライトカラーをライン状に引くのです。下まぶたはマルチシアーパールのみで仕上げて。こうすると、目が腫れぼったくならずに上まぶたでレッド系カラーを楽しむことができます。

基本的な塗り方とは違ったカラフルアイメイクで個性を出すのもアリです。モードすぎない仕上がりで、オシャレな印象に。夏はレジャーなどが盛んで、みんなで集まる機会も多いかと思います。そんなときにひと際映えるメイクになりそう。

夜デートに……セクシーメイクで攻めたいなら

04-ボルドーフォンセ

シックな色合いの「04 ボルドーフォンセ」。モーブピンク〜ボルドー系のカラーがそろっています。ボルドーアイカラーはセクシーな印象になりますが、こちらもそういった仕上がりです。ただし、ボルドー系アイカラーの中にはラメ感が強いものも多いです。このパレットは上品なツヤ感があるので、嫌みなく色気を出すことができますよ。

アクセントカラーは色みが強すぎないボルドーです。目尻側を「く」の字で囲むとよりセクシーな印象になってオススメ! 勝負の夜はぜひ試してみて。

ポップキュート♡ 女子会にオススメのカラー

06-ミントチョコレート

「06 ミントチョコレート」です。キレイなミントカラーが目を引きます。実際に塗ると色みよりもラメ感が強く出るので、ミントのニュアンスを楽しむといった感じ。寒色系は敬遠しているという人でも使いやすいかと思います。また、上まぶたに乗せる色みが濃いめなので、ミントが主張しすぎない仕上がりになるのも嬉しい。寒色系カラーにチャレンジしてみたかった人はぜひ!

このパレットでは基本的な塗り方がオススメですが、アクセントカラーを少し太めにするとオシャレ感が増します。女子会で注目を浴びるメイクに。

自分に合ったアイパレットで、夏のメイクを楽しもう

カラフルアイメイク初心者さんでも使いやすい「kiss アクセントアイズ」。それぞれ特色が違うので、自分のイメージに合ったものをセレクトしてみて。カラフルアイメイク初心者さんも、ぜひ今年の夏はチャレンジしてみてくださいね。

Information

#美容 記事を、もっとみる。
男が嫌う #NG美容 もチェックしておきましょう。

#恋愛 記事、
#占い 記事、
#セックス 記事も読んでみる。

汚ねぇなぁ...男が萎える「プツプツ毛穴」の対策