本命ほぼ間違いなし! 男性が「本気の女性」にしかしないコト5つ

文・山田周平 — 2021.1.16
男性は、本命の女性と遊び目当ての女性で、取る言動や接する態度を変えるもの。そのため、遊び目当ての女性には取らないような言動を取った場合には、本気で思ってくれている可能性が高いかもしれません。そこで今回は、男性が「本気の女性」にしかしないことを紹介します。

たくさん「写真」を撮る

「本命ではない子とは、写真はなるべく撮らないようにします。誰かに見られたりしたら困るので、なんとかうまくごまかして逃げますね」(20代・男性・美容師)

一緒に写真を撮ってしまうと、それははっきりとした証拠として残ります。その写真が出回ったり、SNSにアップをされたら、色んな人の目に留まる危険性が出てくるので、遊び目当ての女性とはそんなことはしないはず。

逆に、自分から2ショット写真を撮ろうとしてきたり、ふたりの思い出写真をたくさん撮ったりする男性は、あなたと過ごす時間を本当に大切に思っているのでしょう。

「手の込んだデート」をする

「申し訳ないけど、遊び目当ての女性とのデートは、軽いものでいいかなって思ってしまう。そこまで気合いを入れられないですね……」(20代・男性・映像関係)

どんなデートをするのかは、男性の本気度を見極めるポイントのひとつ。下調べもしっかりして、あなたを喜ばせようという気持ちが伝わるデートをしてくれる男性は、あなたのことを本気で思っている証。

一方、デート自体が適当で、そのまますぐに家に連れ込もうとするのは、遊び相手に見せる典型的な行動なので気をつけてくださいね。

「友人」に紹介する

「友達に紹介してくれるかどうかで、本気で思ってくれているのかどうかもわかると思います。遊び相手をわざわざ紹介するはずがないですからね」(30代・女性・不動産)

男性は本気で大好きな女性のことは、友人に紹介したいという気持ちになりやすいもの。自分の大事な女性だからこそ、大事な友人たちとも仲良くなってほしいという思いが芽生えるのです。

一方、遊びの女性とはそこまで深い関係にはなりたくないので、友人や知人などには会わせたくないと思うはずですよ。

自分の「テリトリー」に入れる

Portrait of a young couple

「浮気相手のことは、自分がよく行く場所には連れて行けないです。普段行かないような場所に行っちゃいますね……」(20代・男性・インストラクター)

自分のテリトリーの中では、身近な人や知り合いに出くわす可能性もあります。そのため、遊び目当ての女性をテリトリーに入れることには、かなり慎重にならざるを得ないようです。

行きつけのお店や彼の地元付近、よく遊んでいる場所などに連れて行ってくれる男性なら、あなたに自分のことをもっと知ってもらいたいという思いがあるのでしょう。

「将来の話」をする

「ふたりの将来の話をしたときに、話を濁すような男性はちょっと注意した方がいいでしょう。真面目に付き合っているわけではないかもしれませんから……」(20代・女性・販売)

男性が遊びの女性との関係を続ける理由は、基本的に今の自分の欲望を満たしたいから。そのため、ふたりの未来や将来についてなどは考えるはずがありません。

ときには将来的な話を振ってみて、男性がどういった反応を示すか、この先のことも考えてくれているのかチェックしてみるのもアリでしょう。

好きな男性や気になっている男性が、自分をどう思っているか、知りたい方は多いでしょう。少なくとも、今回紹介した言動を取る男性は、あなたのことを遊び相手としては見ていない可能性が高いです。思い当たる項目があれば、安心してくださいね。

©Drazen Zigic/gettyimages
©Thanasis Zovoilis/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。