いくつ当てはまる? 長続きカップルがやっている「夜の習慣」

文・東城ゆず — 2020.11.24
長続きカップルに“長続きするための秘訣”を聞くと、実は仲を深めるために当たり前のように行っている習慣があることが判明しました。そこで今回は、長続きカップルがやっている“夜の習慣”について4つご紹介します。

距離をとって寝る日がある

「彼は優しいので、一緒に寝ると腕枕をしてくれようとします。

ですが、彼の肩が掛けふとんから出ていて寒そうですし、なにより寝づらそう……。そのため、腕枕はカップルにとって憧れのシチュエーションかもしれませんが、私はあまり好きではありません。

そこで、それを正直に彼に伝えたところ、”そんなことを言ってくれる女性は、今までいなかった。優しいね”と感動していました。

そうやって、あえて距離をとって寝る日があるからこそ、くっついたときに幸せを感じるんですよね。そして、それこそが私たちの長続きの秘訣だと思います」(Yさん・28歳女性)

長く付き合っているカップルこそ、親しき仲にも礼儀あり。お互いに思いやり続けることを徹底しているのかもしれませんね。

また、毎日ではないからこそ、たまにある何気ないスキンシップが特別に感じられるのでしょう。それに、離れているときがあるからこそ、相手の大切さを再確認できるというわけです。

ベッドメイキングをする

「私の彼は職業柄もあってか、私がベッドに入る前に必ず私のぶんの布団も整えてくれます。

そのおかげで気持ちよくベッドに入れますし、枕カバーなどが清潔だと寝心地もいいんです。

また、そんな彼の些細な行動でも“愛されている”と実感できるんですよね」(Kさん・39歳女性)

本当に彼女を愛しているからこその彼の小さな思いやりに、心を打たれますよね。また、そんな彼の小さな愛情に気づける彼女の余裕も見習いたいところ。

どんな些細なことでも継続するとなれば、大変なこと。ですが彼と長続きしたいなら、こういった些細な思いやりのある行動を日頃から続けていくべきでしょう。

歯磨きを一緒にする

「彼と歯磨きをするのが好きです。

一緒に同じことをしていると、仲間意識が生まれるというか……。肩を並べて歯磨きをしていると、昔から一緒にいるかのような錯覚に陥るんです。

さらに、他人の歯磨き姿は、あまり見かけることがありません。なので、“私しか知らない彼を知っている”という特別感もありますね」(Rさん・31歳女性)

毎日の生活習慣を共にすると、まるで夫婦のような感覚になれるのかもしれません。

特に寝る前のリラックスタイムの場合は、より相手を身近に感じやすいのでしょう。

髪を乾かし合う

「お風呂から上がった後に彼と髪を乾かしあう習慣を、ずっと続けていますね。

お互いの石鹸の香りで癒されますし、なによりお互いの愛情を再確認することができます。

些細なことではありますが、毎日続けるのは大変。お互いが相手のために時間を意識して作らなくてはいけませんし、愛情がないとできないことだと思います」 (Wさん・33歳女性)

お互いの愛情を再確認できる時間があるのは、いいことですよね。

また髪を乾かす時間だけでも、今日あったことを話し合う時間にできると、より相手への理解も深まることでしょう。

以上、「長続きカップルがやっている夜の習慣4つ」でした。

今日からでも真似できそうな何気ない日常の1コマばかりですが、思いやりがあってこその行動。

そういった行動の積み重ねが、2人の絆をより深めていくのかもしれませんね。

©Wavebreakmedia/gettyimages
©PeopleImages/gettyimages

※ 商品にかかわる価格表記はすべて税込みです。