借金を返すまで… 不倫妻と別れない「夫の悲痛な本音」3つ

文・塚田牧夫 — 2020.8.13
夫婦が離婚する理由のひとつに、不倫があります。やはり、相手の信頼を損ねてしまうと関係修復は難しいでしょう。しかし、なかにはパートナーの不倫に気付きつつも夫婦関係を続ける人たちもいます。今回は、妻の不倫を知っても離婚しない男性たちに、その理由を語ってもらいました。

「まだ愛しているから」

不倫妻と別れない「夫の悲痛な本音」

「妻と結婚する前、妻には彼氏がいました。それでも僕は彼女を好きになってしまい、猛烈なアプローチで略奪婚をしました。

ところが、彼女はもともと派手な性格で、夜遊びが好きなタイプ。結婚してしばらくは落ち着いていたんですが、1年ほどで夜遊びを再開し、朝帰りもしばしば……。

恐らく他の男とも関係を持っていますが、別れたいとは思いません。なぜなら彼女を愛しているから。しばらくすれば、落ち着いてくれると信じています」ノリ(仮名)/28歳

妻に対する愛情だけで、自分の気持ちを支えているんですね。ただ、その愛情が大きな憎しみに変化することもあるため、健全な関係とは言えないでしょう。

「恩を返すまでは」

「以前、私は個人で事業をしていたのですが、それが失敗し、大きな借金を抱えてしまいました。それを助けてくれたのが、今の妻です。

妻は会社経営者で、かなり収入もあります。借金を肩代わりしてくれた上に、彼女のマンションに住まわせてくれたので、本当に助かりました。

妻は、接待と称して夜に飲み歩くことも多く、いくつか男の影はありますが、恩を返すまでは離婚するなんて言えません」ユウシ(仮名)/38歳

夫婦のパワーバランスが、完全に妻に偏っている場合、離婚を切り出せる男性は少ないのかもしれません。

「親が心配」

不倫妻と別れない「夫の悲痛な本音」

「僕が結婚したのは40歳のとき。それまでは実家暮らしで、女性との縁も一切なく、結婚は諦めていました。

ところが、婚活パーティーで今の妻と出会い、とんとん拍子で話が進んでいったんです。特に僕の母親は大喜びでした。

しかし、妻はまだ若く、僕だけでは物足りなかったようで……。僕の他に男を作り、週に1回は会っているようです。

最初は離婚も考えましたが、年老いた母親がショックを受けたらどうなるか……。それを思うと、我慢するしかありません」テツヤ(仮名)/42歳

自分の気持ちより、親の気持ちを優先して考える男性もいるようです。しかし、離婚を知ることと、現在の残酷な状況を知ること、親としてはどちらのほうが辛いでしょうか……。

“不倫妻と別れない夫の悲痛な本音”をご紹介しました。

相手の不倫に気づいても、すぐに離婚しない場合もあるようです。しかし、これらは例外中の例外。軽い気持ちで不倫するのは、やめたほうがいいでしょう。

©Witthaya Prasongsin/gettyimages
©Bob Thomas/gettyimages