恋愛現役女子が知りたい情報を毎日更新!

あえて彼を放置するのが正解…!? 交際を「長続きさせる」大事なコト4つ

文・山田周平 — 2020.6.22
彼氏ができても、すぐに破局を迎えてしまう女性は、言動や態度に多少の問題があるのかもしれません。でも、その部分に気づいて改善をすることができれば、恋愛に大きな変化が表れる可能性は高いでしょう。そこで今回は、交際を「長続きさせる」ために大事なことを紹介します。

全てを「把握」しようとしない

付き合っているのであれば、彼氏のことは何でも知っておきたいという思いになるかもしれません。でも、それを本当に実行してしまうと、束縛や重荷になり、鬱陶しく思われることになるだけ。

毎日のスケジュール、どこに行くのか、誰がいるのかなど、根掘り葉掘り聞かれたら、彼氏は疑われているような気分にもなるでしょう。

彼の全てを把握しようとするのは過干渉にしかならないので、大事なことを共有し合うという考え方にしたほうがいいですよ。

悪いときには素直に「謝る」

いつまでも交際を長続きさせるためには、「ありがとう」と「ごめんなさい」をきちんと言葉にして伝え合うことが何よりも大切。特に、自分が悪いことをしたと感じたときには、素直に謝るようにするべきです。

下手に言いわけをしたり、意地を張ったりしてしまうと、どんどん謝りにくくなるので、関係性をこじらせることになっていくだけ。

一緒に過ごしていれば、ケンカになることはある意味当然のこと。本当に重要なのは、それを無駄に長引かせないことです。

ときには「放置」する

付き合っているからといって、常に一緒にいようとすると、すぐにマンネリや飽きが生じるはず。「ふたりの時間」はもちろん大切ですが、「ひとりの時間」をそれぞれに持ち合うことも多少は必要です。

趣味を楽しんだり友人と過ごしたりする時間を満喫できるように、ときには彼氏のことをひとりにしてあげるのもいいかも。

同時に、その行動は相手への信頼をアピールすることもできるので、彼氏もあなたのことを信頼するようになり、ふたりの絆がより深まっていきますよ。

相手に「求めすぎない」

恋人はもちろん特別な存在ですが、相手への期待ばかりが膨らむと、それを満たしてくれないことへの不満やイライラも募っていくもの。また、求められる側の男性は、プレッシャーがどんどん大きくなり、息苦しさを感じるようになるでしょう。

「あなたならわかってくれる」「そうじゃなくてこうしなよ」などと、求めすぎたり、考えを押しつけたりするのは、相手の気持ちを考えていない言動でしょう。

お互いに思いやって尊重し合えるふたりになれたら、一緒にいても居心地がいいので、自然体でいつまでも付き合っていけるはずですよ。

自分の気持ちを彼にぶつけて突っ走るだけだと、彼から敬遠される危険性もあります。最悪の場合、振られたり、逃げられたりするかもしれないので、彼との距離感にはくれぐれもご注意くださいね!

©MangoStar_Studio/gettyimages
©Westend61/gettyimages