長続きカップルに聞く! いい関係を築く「ちょっとしたコツ」

文・山田周平 — 2020.5.15
大好きな彼氏とは、いつまでもずっといい関係性を築いていきたいと感じるはずです。そのためにも、長続きしているカップルにどんな秘訣があるのかは、知っておきたいポイントでしょう。そこで今回は、長続きするいい関係を築くための「ちょっとしたコツ」を紹介します。

「不満」を溜め込まない

shutterstock_301508825

「今まで付き合ってきた人たちと違って、今の彼氏とは言いたいことがなんでも言い合えるから、居心地がいいです」(30代・女性・飲食)

嫌われないようにと、不満を我慢ばかりをしていると、ストレスは溜まっていく一方。
結局はそれが大爆発して、修復不可能な状態になってしまうのです。
お互いに不満は小出しにして、少しずつでも改善し合っていけるような関係になれたら、いつまでも一緒にいられるでしょう。

「会わない時間」も持つ

「友達と会う時間とか、趣味に費やす時間とかにも理解があるパートナーだと、信用されているんだなって実感できる」(20代・男性・営業)

常に一緒にいようとすると、息苦しさを感じたり、飽きが生じたりもするはずです。
ちゃんとお互いにそれぞれの時間も尊重して、ふたりでいる時間以外の楽しみを持つことは大事。
「会わない時間」も多少はあったほうが、相手のことを色々と考えて、「会いたい」という気持ちが強く芽生えるものですよ。

「恥じらい」は捨てない

shutterstock_520617565

「彼女が恥ずかしそうにする姿にはいまだにドキッとするので、そういった部分はお互いにいつまでも忘れずにいたいですね」(30代・男性・IT)

付き合いが長くなってくると、どうしても慣れが生じてくることでしょう。
でも、そこで最低限の「恥じらい」まで捨ててしまうと、お互いに異性として見られなくなる危険性が……。
裸でウロウロしたり、おならやゲップをしたりといったことが当たり前にはならないよう、隠すべきものは隠すことが大切ですよ。

「違い」を受け入れる

「彼氏とは趣味嗜好が全く違うのですが、たまにそれぞれの好きなものを紹介し合ったりすると、世界観が少し広がっておもしろいです」(20代・女性・商社)

男性と女性では、そもそも物事に対する価値観や考え方が大きく違っているもの。
だからこそ、その「違い」を受け入れ合えるふたりであれば、一緒にいることを苦に感じることもないでしょう。
「価値観が一緒じゃなきゃダメ」と思い込みすぎずに、違う意見や考えも楽しむようにするのは、長続きする大きな秘訣と言えますよ。

いつまでも長続きする交際をするためには、やはり思いやりを持ち合うことが何よりも大切です。自分の感情だけではなく、相手も気持ちも考えながら行動が取れたら、かけがえのない存在になれるでしょう。

©Atelier211 / Shutterstock
©Roman Samborskyi / Shutterstock