彼の上にまたがって…! 男が興奮する「キス中のしぐさ」4選

文・山田周平 — 2020.3.22
キスをしているときには、男性も女性もお互いにかなりドキドキしていることでしょう。でも、そこでもっと興奮させるようなしぐさを見せてあげたら、男性はもうあなたにメロメロになってしまうはずです。そこで今回は、彼を興奮させる「キス中のしぐさ」の特徴を紹介します。

「首」に手を回す

「キスをしている最中に、女の子が首に手を回してきたら、こっちの興奮度もグッと一気に上がりますね」(30代・男性・IT)

キス中に女性が首に手を回してきたら、キスに本気になっている感じがするので、男性としてはうれしいもの。さらに、そのまま男性の髪の毛をくしゃくしゃにしたら、激しいキスを演出することもできるでしょう。

ただ黙って男性からのキスを受け入れるだけではなく、感じている様子や興奮している様子を伝えると、男性は確実にドキドキしてくれますよ。

あえて「やや焦らす」

「年上の女性に焦らされながらキスをしたときには、大人のキスに興奮しすぎてメロメロになりました」(20代・男性・飲食)

すぐにキスをしてしまわずに、あえて焦らすのは、男性をドキドキさせるテクニックの王道です。唇と唇が触れるか触れないかのところで止められたら、男性の「キスをしたい」という感情はより大きくなるもの。

また、ちょっとキスが激しくなってきたところで唇を離してみるのも、男性の心を揺さぶる“焦らしキステクニック”のひとつですよ。

「吐息」が漏れる

「キスをしているとき『ん~んんっ』と女の子の吐息が聞こえたら、感じてくれているのがわかるので、すごく興奮します」(20代・男性・マスコミ)

エッチ中のあえぎ声だけではなく、キス中の吐息まじりの声も、男性を興奮させる大きな要素です。可愛らしくて色っぽさもある女性の声に、男性は聴覚を刺激されてドキドキします。

ただ、わざとらしい激しい声を出すのは引かれてしまうだけですので注意が必要です。

「抱っこ」の形になる

「キスをしながら、女性が上にまたがってくると、彼女が興奮している様子がこちらにも伝わり、かなりドキドキしますね」(30代・男性・営業)

女性が上にまたがって、抱っこをするような形でキスをするのは、激しくて大胆なキスのシチュエーションです。

例えば、部屋でソファに座りながらキスをしたときなどは、男性の上に乗っかってみてもいいかも。

人前では絶対にできない行為なので、おうちデートなどでふたりきりで盛り上がった際にするといいでしょう。

ただ激しいキスをするよりも、徐々に興奮度を高めていくほうが、男性をドキドキさせられるはずです。ぜひお試しあれ!

©mihailomilovanovic/gettyimages
© Shestock/gettyimages
©Jamie Grill/gettyimages
©Anne-Sophie Bost/gettyimages