男子禁制女子トーク!

グロスでベタベタがエロい。男が発情するセクシー唇メイク 女は心で濡れる #19

文・紫深(sisin) —
お仕事のときはツヤなしマットで控え目なメイクをしているというあなたも、特別な夜が待っている日は少しだけリップを変えてみてはいかがでしょう。

【女は心で濡れる】vol. 19

男が舐められたいと願う唇に変えて

sisin (1)

「女は心で濡れる」と言う合言葉に、官能エッセイスト紫深(sisin)がお送りするSEXコラムです。第19回目は、彼を誘うセクシーメイクについてご紹介します。

アヒル唇より効果的なのは、たらこ唇

誘う唇でセクシーさUP。

ひと昔前に流行った薄い唇に口角がキュッと上がった、アヒルのような唇。まるで小動物みたいでキュート!と口の形を研究した、という女性も多いのではないでしょうか。しかし男性がエッチな気分を感じるのは、アヒル唇ではないんですよね。実はポテポテに潤った、たらこ唇の方が、効果は絶大。

唇の輪郭をきっちり囲ってから、リップメイクをするより、唇の境目がわからないくらいのプルプルたらこでOKなんです。というのも、私は唇が元々ぷっくりしている方なんですが、過去にこの厚さが好きになれなくてコンシーラーで隠して唇を薄く見せるメイクをしていた時期がありました。しかし、いざ付き合った彼に言われるのは「そのままの唇の方が、セクシーだよ」という声。男性は女性の柔らかい感触が、好きなようです。

キスの感触を掻き立てて

Couple kiss
俺のものにしたい…♡

女性は心や感性で興奮したり、エッチな気分になることが多いと思いますが、男性は視覚で興奮するとか。それを証拠に女性が人肌恋しいと感じるときは、好きな彼に会いたいときや寂しいときなど、心の穴を埋めたいと感じる瞬間だと思うんです。一方、男性がエッチしたいときは、AV鑑賞をしたりお店に行くなどダイレクトなエロを求めますよね。つまり男性は目で見たり、実際に触れることで、相手に気持ちがあるない関係なく、SEXをしたいと思う気持ちが根底にあります。

自分にはない柔らかい肌やプルプルに潤った唇を見るだけで、男性はドキっとするものなのです。

濡れているくらいが丁度いい

ツヤツヤ感で釘付けに。

「この子とキスをしたら、どんな感触なんだろう?」とチュウの想像を掻き立てたあとに、男性が考えることは、ただひとつ。「この唇に挟まれながら、舐められたら気持ちいかも」という、男性ならではの発想です。女性はオシャレの意味を込めてデートメイクに力を入れると思いますが、男性はその日のかわいいメイクスタイルより、夜の彼女の顔を想像しています。そこが男性と女性が捉えるエロスの違いではないでしょうか。