男子禁制女子トーク!

【騎乗は女性がリード♡】#4 男性が気持ちよくなる2つのポイント 女は心で濡れる

文・紫深(sisin) —
「次は俺の上に乗ってよ」という言葉を聞くと、内心不安な気持ちになってしまうというあなた。大丈夫、騎乗位でうまく動くためには、2つのポイントを押さえるだけなのです。

【女は心で濡れる】vol. 4

たまには私から責めてもいい?

「女は心で濡れる」と言う合言葉に、官能エッセイスト紫深(sisin)がお送りするSEXコラムです。第4回目は、女性が彼の上に乗って動く騎乗位の楽しみ方について、考えてみたいと思います。

騎乗位が下手だと、飽きられる

いつも俺ばっかり…。

エッチの最中に「ちょっと上に乗ってみて」とリクエストされたら、自分でリードすることができますか? 恥ずかしいからできない…という気持ちだけでは、自分も楽しめないのと同時に、彼の気分も盛り下げる原因に。実は、男性は騎乗位が上手な女性を、手放すことができないんですよね。全ての項目において男性がリードしてしまうと、エッチの流れが毎回読めてしまうので、飽きられてしまうからです。

もしも、今まで彼のリードばかりに頼っている!という女性は、ぜひ次回のヒントにしてみてください♡

ポイント① 手は横よりクロス

下乳を強調!

まず上に乗ってから気をつけたいのは、手の位置です。いつもなら両手を彼の胸元に置いたり、手を握ったりしているという女性も多いのではないでしょうか。そこで気軽に取り入れることができるのが、左右の手をクロスしてみてください。ちょっと始めはやりにくいかもしれませんが、手を前でクロスすることで、胸がギュッと寄るので彼が下から見るとボリュームある胸が目の前に来るように変化します。ブラジャーをしていない状態の胸は、どうしてもだらしなくなってしまうもの…。暗がりだから安心?と思わずに、うっすら見えるシルエットを大切にしてみてください。

ポイント② 腰は縦より前後

クネクネする姿がエロティック♡

そして騎乗位が不得意な女性にありがちな悩みで、「どう動いたら良いかわからない」という声を聞きます。動き方のポイントは、腰を浮かせて上下にピストン運動をするより、腰をこすりつけたまま前後に動かす方が◎。うまく動かすことができない!と感じる時は、彼の手を自分の腰の後ろに回してもらい、前後に動く作業を手伝ってもらうとよりスムーズに。もしくは彼の膝を少し高く曲げて斜面を作ることで、彼も動ける余韻を残してあげるのもひとつの方法です。

完全に覆いかぶさってしまうと、彼も動けないぶん、あなたがリードしないと前に進まないという状況になるので、一緒に動けるスペースを確保するのも女性の役目だと思います。


エッチはいつも流れに任せてなんとなく…という方は、ぜひ彼からの騎乗位リクエストに備えてイメトレしてみてくださいね♡