恋愛世代のリアルを発信。

アソコを鍛えすぎて夫が…女性約200人「おこもり中のダイエット失敗談」

文・Yoshimi — 2020.6.4
おこもりでどんどん増えていく体重。そんな体重をどうにか減らそうと、20~30代女性の集まる総研メンバー約200人のみなさんは、さまざまなダイエット法にチャレンジしていたよう。今回は、そんなチャレンジの中でも、残念な結果に終わってしまったダイエットエピソードをご紹介します!

【アンアン総研リサーチ】

頑張ったのに!残念過ぎたダイエットって?

やりすぎYouTubeエクササイズ

「YouTubeで筋トレを始めてとてもハマったのですが、やり方が間違っているのか肩周りがムキムキになり、肩周りが細い夏服が入らなくなりました。夫にも『なんか体ががっしりしてきたね』と言われてしまい、筋トレは現在控えてヨガだけにしています」(31歳・会社員)

時間がたくさんあるぶん、つい運動に没頭しすぎると、予想しなかった結果をもたらすことも。せっかく頑張るのだから、できれば理想のボディになれるエクササイズをしたいですよね。YouTubeではさまざまな動画を見れますが、体にどんな効果を生むエクササイズなのかを考えて選ぶと、無駄がないのかもしれません。

恐怖のうっ血! 激しい筋膜リリース

「筋膜リリースにハマって毎日痛みに耐えながらコロコロしていたら、やりすぎていてうっ血してしまった」(34専門職・自由業)

筋肉の膜をほぐすことで、全身のコリや痛みなどの不調改善やパフォーマンス向上を期待できると話題の筋膜リリース。一部のプロのスポーツ選手やモデルさんなども行っており、気になっている方も多いのでは? しかし、あまりにも激しくやり過ぎると、うっ血して恐ろしい状態になってしまうことも! これからチャレンジ予定の方、ご注意を。

体を痛め逆に動けない状態に…慣れないマシーン

「スクワットマシーンでスクワットの仕方が悪かったのか、膝を痛めて、歩くのもキツい状態になった」(35歳・専門職)

普段していない運動をいきなりたくさん行ったり、少しやり方を間違うだけでも、体には大きな負担になってしまうようです。せっかく買ったエクササイズマシーン、できれば無駄なく、使い倒したいものです!

健康な心と体のために、やりすぎはNG!

今回のアンケートでは、そのほかに「半身浴を汗ダクダクで頑張ったけど痩せなかった」「話題のエクササイズDVDを買ったけど飽きて使ってない」など、さまざまな残念なエピソードが聞かれました。みなさん、思い思いのダイエット法を試しては失敗しているようですが、頑張り過ぎは何事も良くありませんよね。無理なくダイエットを行いつつ、「まあ、少しくらいぽっちゃりな自分でもいっか」と思う大らかな心持ちが、健康な体と心を保つ秘訣なのかもしれないですね。


©Eva-Katalin/Gettyimages
©svetikd/Gettyimages